風の歌 星の道〈前〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 : 冴木忍
制作 : 弘司 
  • 角川書店 (1992年10月発売)
3.42
  • (9)
  • (10)
  • (39)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :128
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044138011

作品紹介・あらすじ

大陸に七つの王国が存在した時代-。その中のひとつ、リドルフィ王国。その国を支配するフィンレック王家は「神秘の力を持つ一族」といわれていた…。盗賊ソードは、育ての親ハラルドを救出するため、単身王宮へと忍び込んだ。そこで出逢った、ちょっとかわった女の子。なんと、フィンレック王家のレティシア王女だったから、さあ大変。おまけに国王の命令で、ソードはレティシアの「義務」のお供を強制され、旅に出かけるはめになってしまうのだが…。スニーカー文庫初登場。コミカル新ファンタジー、前編。

風の歌 星の道〈前〉 (角川文庫―スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ソードとレティシア(お嬢)のコンビがほほえましいです。ソードがかなり貧乏くじひいてるのが好きです。抜けているように見えるお嬢がときどき見せるハッとする部分にドキドキさせられます。

  • 大好きで今でも棚から出しては読みます。ソードとお嬢コンビが大好きです。イラスト描いてる方も大好きな方なので、本当に大切な私の1冊です。

  • 中学時代に友達に薦められて読んだ思い出深い本です。
    この本がなければここまでライトノベルにはまることはなかったと思う。

    お姫様と盗賊のお話。

  • 大陸に七つの王国が存在した時代―。その中のひとつ、リドルフィ王国。その国を支配するフィンレック王家は「神秘の力を持つ一族」といわれていた…。盗賊ソードは、育ての親ハラルドを救出するため、単身王宮へと忍び込んだ。そこで出逢った、ちょっとかわった女の子。なんと、フィンレック王家のレティシア王女だったから、さあ大変。おまけに国王の命令で、ソードはレティシアの「義務」のお供を強制され、旅に出かけるはめになってしまうのだが…。スニーカー文庫初登場。コミカル新ファンタジー、前編。

  • 全2巻読了。借りて読んだ。

  • 空飛ぶピンクの子豚がかわいらしく

全7件中 1 - 7件を表示

風の歌 星の道〈前〉 (角川文庫―スニーカー文庫)のその他の作品

風の歌 星の道 1 Audible版 風の歌 星の道 1 冴木忍

冴木忍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

風の歌 星の道〈前〉 (角川文庫―スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする