回転木馬の夜―妖怪寺縁起〈2〉 (角川スニーカー文庫)

  • 58人登録
  • 3.03評価
    • (1)
    • (2)
    • (23)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 冴木忍
制作 : 田口 順子 
  • 角川書店 (1999年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044138196

作品紹介

横川と名乗る男が「妖怪寺」を訪れてきた。ひどく怯えた様子の横川は、回転木馬のオルゴールを寺に残したまま行方をくらますが、翌日意識不明の重体で発見される。それと時を同じくして、和馬から花也が昏睡状態に陥ったという連絡が入った。花也は最近、蒼い馬が出てくる夢を頻繁に見ていたという。次次とたてがみの色を変える謎の回転木馬のオルゴールは、何を訴えようとしているのか?表題作「回転木馬の夜」のほか二作品を収録。

回転木馬の夜―妖怪寺縁起〈2〉 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3エピソード入っているので読みやすくてイイです。
    2巻のほうが1巻より楽しめました。冴木先生の作品には必ずといっていいほど美形キャラが出てくるのが素敵です。イラストがものすごく美しかった!

  • 確かにファンタジーなのに、どこかしら妖怪の不気味さや暗さを持った
    話や雰囲気がとても好きでした。

  • 短編読切り連作で、一話ごとに妖怪がゲストしていて楽しかったです。蛇男と朴念仁が事件を解決してくパターンなのですが、時々視点が変わったりするのもあって。長く続けられそうなシリーズなのですが、一応完結してるみたいです。面白いキャラが多いだけに、ちょっと残念かも。

全3件中 1 - 3件を表示

冴木忍の作品

回転木馬の夜―妖怪寺縁起〈2〉 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする