夜の彼方からはじまる永遠―リュシアンの血脈〈5〉 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 甘塩 コメコ 
  • 角川書店
3.46
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044138318

作品紹介・あらすじ

大公に囚われた半妖の少女ルサカを救いだすため、レイスファンが向かったイルマリネン公国。そこには伝説の魔道師ボエルの姿があった。病人に奇蹟を行い、妖魔を退けるその姿に人びとは歓喜するが、レイスファンは不吉な予感をおぼえていた。そのころレイスファンのもとを去ったヴァルは、リュシアンの魔力を得るために邪悪な妖魔ラウームスと密約を交わしていた…。峻烈のヒロイックファンタジー、ついにクライマックス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと最終巻。全てのナゾが明かされるわけですが、ヴァルがまさかアノ人で、とある理由でやっていたことが一番の衝撃ですかね。でも意外にも結構たくさん死にました・・・。死ぬ必要があったのかナゾ。そしてボエルは本当の「賢者」ではなかった。うーん、今回でこれまでの4冊のお話が全部ひっくり返ってしまった気もします。

全1件中 1 - 1件を表示

冴木忍の作品

ツイートする