闇の運命(さだめ)を背負う者 (角川スニーカー文庫)

著者 : 神坂一
  • 角川書店 (1996年9月発売)
3.19
  • (3)
  • (7)
  • (40)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :117
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044146054

作品紹介

フツー?の高校生活を送る仁は毎夜夢に現れる謎の影に「前世の運命を思い出せ」と語りかけられ、寝不足気味だった。影は仁を『闇』の転生戦士と呼び、仲間として共に『光』の勢力と戦うために覚醒せよと語る。-やかましぃわぁぁぁぁっ!そんなめんどくせーことにつきあってられるかっ-あくまで自らの運命を拒み続ける仁だったがそこに突然『光』の刺客が現れ…。

闇の運命(さだめ)を背負う者 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いかにもこの作者らしいドタバタの繰り広げられる前世と宿命の物語(?)。短編を引き延ばして中編か長編にしたような感じの話。開幕とあるからシリーズ第一作なんだろう。登場人物と背景の説明といったところか。

  • 神坂一さん繋がりで読みました。
    ごめんなさい、内容忘れてしまってます。

  • 何のメディアミックスがなく(クロスカディアもそうですけど)、舞台も現代という神坂一作品では珍しいシリーズです。
    普通の高校生だった主人公達が、『闇』の運命に目覚め、敵対する『光』の転生戦士達と戦うと思いきや、意外な展開に物語は進みます。
    深夜ドラマになってほしいとひそかに思っています。

全3件中 1 - 3件を表示

闇の運命(さだめ)を背負う者 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

神坂一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

闇の運命(さだめ)を背負う者 (角川スニーカー文庫)に関連する談話室の質問

闇の運命(さだめ)を背負う者 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする