妖魔夜行 真夜中の翼―シェアード・ワールド・ノベルズ 角川文庫―スニーカー文庫

制作 : 青木 邦夫 
  • 角川書店
3.19
  • (2)
  • (4)
  • (25)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 82
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044152017

作品紹介・あらすじ

あなたは、こんな噂をきいたことはありますか-。東京・渋谷の一角に、不思議なバーがある。そこへいけば、人間の力では解決できない奇妙な事件を解決してくれるという。なぜなら、そこにいるのは人ではなく…。今日も、そんな噂を頼りに、人知れず悩みを抱えた少女が渋谷の街に迷い込んだ。内気な女子高生・守崎摩耶の誰にも言えない秘密とは…。(第一話「真夜中の翼」)。コンプRPG誌上で好評連載中の「妖魔夜行」小説シリーズ、初の文庫化。山本弘、下村家恵子の連載作品に、友野詳の書下しも加えた豪華第1弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。

    さすがに出てくる小物や状況に時代を感じる。
    妖怪バトル物の中でもラノベの中でも好きなシリーズ。
    シェアード・ワールド・ノベルズというのはキャラクターや設定に深みが出しやすい方法なのかな?この手の方法で書かれる小説群は好み。
    1巻目だけど設定をくどく説明しないのが高ポイント。
    徐々にキャラなり世界観が固まり膨らんでいくのを楽しんでいくスタイルで読ませてくれる。

  • 借りて読んだ。それぞれ違う作家が書いているのに、あまり違和感がなくて読みやすかった。

  • 【全17巻読了】
    売れないほどボロボロで、手元においておきたい本なのですが、自炊する気にならないのです。きっと、このおどろおどろしい感覚が、電子書籍にはそぐわないからなのでしょうね。高校生だった自分が、読了。

  • 全17巻。
    途中から未読。

  • 人間の様々な想いから生まれる異形の者ども、妖怪。彼らは現代社会に溶け込み、生活していた…。TRPGから生まれた現代の妖怪奇談の第一巻!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

作家。2003年に本格SFにして著者初の四六判ハードカバー『神は沈黙せず』(角川書店)を刊行。同作は読者の話題をさらい、日本SF大賞の候補となった。また2006年5月に刊行された単行本『アイの物語』(角川書店)も各書評家に絶賛されている。

「2018年 『怪奇探偵リジー&クリスタル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本弘の作品

妖魔夜行 真夜中の翼―シェアード・ワールド・ノベルズ 角川文庫―スニーカー文庫に関連するまとめ

ツイートする