妖魔夜行悪夢ふたたび……―シェアード・ワールド・ノベルズ (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 青木 邦夫 
  • 角川書店
3.20
  • (1)
  • (6)
  • (22)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 71
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044152024

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。

    なんやろ、挿絵がいちいち色っぽい。
    どうせなら妖怪デザインも青木邦夫さんにやってもらいたかったね。

    敵妖怪の出自はものすごく興味深い。
    物語は大団円なのだけど単純にめでたしめでたしではなく少しの苦さが残るのがポイント高い。
    この苦さが第2シーズンである「夜翔」にはないものだな。

  • 妖魔夜行長編中では一番の良作だと思います。
    三軸となる三人の「人間」と「妖怪」達との織り成す『雰囲気』が良かった。

  • TRPGを齧る前の私でも楽しめました。
    ですが、私の場合なので、楽しめなかったらゴメンナサイ。
    反対意見の方もゴメンナサイ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家。2003年に本格SFにして著者初の四六判ハードカバー『神は沈黙せず』(角川書店)を刊行。同作は読者の話題をさらい、日本SF大賞の候補となった。また2006年5月に刊行された単行本『アイの物語』(角川書店)も各書評家に絶賛されている。

「2018年 『怪奇探偵リジー&クリスタル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本弘の作品

ツイートする