妖魔夜行暗き激怒の炎―シェアード・ワールド・ノベルズ (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 青木 邦夫 
  • 角川書店
3.05
  • (1)
  • (2)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 58
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044152109

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。

    どれも重めな話の巻。

    1話目、流は常にボロボロになるキャラなのね。恨み、呪いを扱っていていじめられ方もヘビー気味。

    2話目、さっきの話でフラれた流の心変わりの早さよ!そうゆうとこもシェアード・ワールドの面白さの一つ。作者が違えば微妙にキャラクターのニュアンスも変わってくる、それがうまくいけばキャラクターの深みに繋がるのかな。この話もシリーズの中では好きな話。

    3話目、摩耶といいこの物語の主人公といい歪な親子関係からの親離れ、救いがないね。そしてそれを助ける〈うさぎの穴〉の母、未亜子、うまい組み合わせ!
    ワーゲンも人型になってしゃべれるんかいっ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

グループSNE所属の小説家・ゲームデザイナー。ソード・ワールド2.0のメインデザイナーとして活躍する。

「2018年 『ソード・ワールド2.0 アニバーサリーブック テラスティア冒険録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北沢慶の作品

ツイートする