百鬼夜翔 暁に散る翼―シェアード・ワールド・ノベルズ (角川スニーカー文庫)

  • 37人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (2)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : あるま じろう 
  • 角川書店 (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044152260

作品紹介

妖怪たちにガードされていた人物が殺された。責任を感じたルゥは手がかりを求め、自分たちの天敵である男のもとへ向かった。ルゥを止めるべく、ワヤンは夜の街を走る!!(第3話暁に散る翼)。麦とのデート中、謎の美女と共に消えた洋大の行方は?(第1話虹のかなたへ)。洋大が"スーリエ・ルージュ"をクビになった!?だが…何かがおかしい…(第2話茜色の空の記憶)。新時代ホラー・エンターテインメント、激動の新展開。

百鬼夜翔 暁に散る翼―シェアード・ワールド・ノベルズ (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。

    なんやらぐじゅぐじゅして湿っぽい巻。

    1話目、麦ちゃんhshsな話。

    2話目、キャラクター同士の呼び方ぐらい統一しろよ、とおもいつつ読み進め、それが最後には腑に落ちる。なるほど!見事に騙されました。高ポイント!

    3話目、石動に関しては登場した段階でこうなるだろうという展開。やはりこの展開は安易。石動は設定負けしたキャラの印象は抜け出していない。ストーリーを忘れていたので最後には普通にショックを受けた。

  • 茜色の記憶が秀作。

全2件中 1 - 2件を表示

柘植めぐみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

百鬼夜翔 暁に散る翼―シェアード・ワールド・ノベルズ (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする