百鬼夜翔 昏い霧に眠る街―シェアード・ワールド・ノベルズ (角川スニーカー文庫)

  • 33人登録
  • 3.21評価
    • (1)
    • (1)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : あるま じろう 
  • 角川書店 (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044152284

作品紹介

深夜0時を過ぎると昏い霧に閉ざされ、異形の者が徘徊すると噂される街・新宿。その街で凶悪な犯罪組織に追いつめられた鳴神風花の前に現れた"鬼"の正体は!(第1話・昏い霧に眠る街)。ムカデ妖怪の生贄とされた少女に、寺尾のとった行動とは!?(第2話・わが古き名にかけて)。青年に届いた採用通知は閉鎖されたホテルからのものだった-(第3話・深紅に染まる幻)。読み切り短編3作を収めた新時代ホラー・エンターテインメント。

百鬼夜翔 昏い霧に眠る街―シェアード・ワールド・ノベルズ (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。

    1話目、なかなかにエグい話。月並みな言葉で人間が一番怖いってやつ。

    2話目、寺尾さん覚醒話し。自分の子供を置いて探索に向かうのはこれまでの経験上で無用心過ぎじゃないかなぁ。そこが終始気になって話に集中出来なかったわ。

    3話目、夜行の香り漂う話。新キャラ登場、麦の上位互換な雰囲気。蔦矢の相手はあの子なんだろうか?霧香さんが割れちゃってそこに落ち着いた的な?

  • 兄妹が好きです。

全2件中 1 - 2件を表示

北沢慶の作品

百鬼夜翔 昏い霧に眠る街―シェアード・ワールド・ノベルズ (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする