緋面都市 (角川スニーカー文庫)

著者 : 樹川さとみ
制作 : 田村 由美 
  • 角川書店 (1996年12月発売)
3.19
  • (1)
  • (2)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
  • 31人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044180010

作品紹介

ある日、「井戸」に棲むルーイが拾ったもの。それは、茶色の子犬と一人の青年-だった。アルフォンスと名乗る、その青年は「青海都市」から、人を殺して逃げてきたという。アルフォンスをかくまうことになったレオンとルーイ。時、同じくして、悪名高きサバイバル・ゲーム「緋面都市」が始まろうとしていた。人と人との生きのこりをかけたゲームの末にレオンたちのみつけたものは。

緋面都市 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地上の光がほとんど届かない場所に住んでいる
    市民権を持たない人達。
    犯罪なんか、ちょっと周囲を見渡せばそこかしこ~な
    危険地帯にやってきたのは、お上品は青年。

    完全きっちり巻き込まれ…なのですが
    巻き込まれ、と評するには、何か違うような。
    話の半分以上が、題名『緋面都市』に向かうための準備のようなもの。
    サバイバルゲームが始まるのは…4分の3くらいから?
    なので、アクションシーンもりだくさん! を期待してはいけません。

    ちょっとあっさり終わってしまうので
    え? という気分になってしまいます。

  • 借本。
    読んでいて楽しかったですが、もうおなか一杯って感じも…

  • 青年が主人公って珍しいのではないでしょうか?

  • 緋面都市

  • これも樹川さとみ。
    核戦争後の荒廃した未来で繰り広げられる、サバイバルと非凡な人々の日常生活。
    なんつーか、映画っぽい作品。
    こういうの、もっと書いて欲しいなあ。隠れた名作である。

全5件中 1 - 5件を表示

樹川さとみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

緋面都市 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする