幻妖草子 西遊記―地怪篇 (角川スニーカー文庫)

著者 : 七尾あきら
制作 : 山田 章博 
  • 角川書店 (2000年1月発売)
4.07
  • (14)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 56人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044181048

作品紹介

大地のきしむ音がする。山が火を噴き、海があふれ、数多の人と獣と妖を呑みこんでいる-襲いくる天災の数々。いま三蔵一行は観音菩薩の命を受け、世界を救うため、はるか天竺へと旅立つ。行く手に待ちうけるは鬼か魔か?波瀾万丈の十万八千里。あの三蔵が天空の神々-神将を我が身に降ろし、悟空たちに負けじとたちふさがる妖怪どもを薙ぎ倒す!痛快冒険活劇、新生「西遊記」ここに参上。

幻妖草子 西遊記―地怪篇 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゲームのノベライズ版
    当時ゲームも知らず中古ショップ通いの時に偶々手に取ったのだが当たりだった

    つくづく当時この作品を手にして本当に良かったと思う
    最近読み返したが、読書週間がなくなった今でも十分面白いと思った。

    後書き曰く、本当はもっと長くなる所だったのをページの都合上泣く泣く大幅に削ったとか
    それが本気だったなら本当に残念だ
    この人が展開するこの西遊記物語をもっと読みたかった
    ぼろぼろになってきたのでできればもう一度買い直ししたかったが、加筆再販は流石に無理だろうか
    本当に残念だ

  • 10年以上たった今でも数ヶ月に一度は読み返す大好きな作品。マイ・ベスト・ライトノベル。PSゲームのノベライズ版だがプレイしていなくても十分楽しめる。
    三蔵が仲間とともに天竺を目指すストーリーは変わらないけど、集まる仲間は5人!アクションあり、笑いあり、ほろりありの冒険活劇。

  • PSゲーム「西遊記」のノベライズ。上巻。
    ノベライズと一口に云っても、ゲームの設定・ゲームの展開をそのまま文字にしているだけではない面白さがある。
    どのキャラも皆生き生きしていて、ゲームを知っていても知らなくてもこれ単品で楽しめる。
    三蔵かわゆす。

  • 1999年にコーエーから出たゲーム「西遊記」のノベライズ版。ゲームでは三蔵の性別が選べた(!!)んですが、小説版の三蔵は男の子として育った女の子です。正直ゲームよりも面白かった。

  • コーエーのゲーム、西遊記のノベライズ。ゲームより面白いです。
    男装の女の子三蔵(玄娘)と、悟空を初めとする仲間の旅。
    火の悟空・水の悟浄・土の八戒・金の涼鈴・木の桔花と、5人の神将を身に宿した三蔵の、戦いつつ楽しい旅がとても可愛い。ノベライズってこんなによかったっけと思った作品。

  • 三蔵が女の子でかなり可愛いです。

全7件中 1 - 7件を表示

七尾あきらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

幻妖草子 西遊記―地怪篇 (角川スニーカー文庫)に関連するまとめ

幻妖草子 西遊記―地怪篇 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする