トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈2〉熱砂の天使 (角川スニーカー文庫)

著者 : 吉田直
制作 : THORES柴本 
  • 角川書店 (2001年7月31日発売)
3.56
  • (64)
  • (46)
  • (190)
  • (4)
  • (0)
  • 597人登録
  • 24レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044184056

作品紹介

大災厄で文明が滅んだ遠未来。異種知性体・吸血鬼と人類の闘争が続く暗黒の時代-カルタゴを訪問中のミラノ公・カテリーナの前に現れた少年吸血鬼イオン。彼は、真人類帝国皇帝の意志を携えた勅使であった!歴史上、初めて人類に接触してきた吸血鬼皇帝の思惑とはいったい何か-融和か!?それとも最終戦争か!?大反響のノイエ・バロックオペラ『トリ・ブラ』R.O.M.バージョン第2弾-汝、目をそらすことなかれ。

トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈2〉熱砂の天使 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本当に何度読んでも楽しめます。表現もストーリーもだいすきです。

    自分自身が年を重ねるごとに、ペテロのことがすきになります。
    2015.05.13

  • Ax、長生種、異端審問局、騎士団…混在していても、場面展開がスムーズで繋がりが分かりやすいし、理解しやすい。

    カテリーナの登場回数が増える回。
    アベルを名指しで呼ぶとこ凄く好き♡なんだけど、その意図が分かるのは過去編ね。

    人類に接触してきた長生種イオンとラドゥ。
    壊滅騎士=ペテロ率いる異端審問局と衝突しつつ、半ばでラドゥの裏切りに遭ったり、アベルのクルースニク化が80%に上がったり、古代兵器の稼働でヤバイことになるし。
    ラドゥの後ろには、騎士団が付いていて、いつからかそちらに引き入れられていたことになるんだけど、やっぱり彼らが一枚も二枚も絡んでいるわけね。

    読み直して感じたけど、ぺテロが意外と良い奴でね、馬鹿正直なとこがまた良いのよ。
    イオンも可愛くて、喋り方は貴族らしいのに愛でたくなるような少年なのです♡

    この話は、次巻にも続いて行くんだけど、どうなることやら。

  • イオンってこんなに可愛くてツンデレでお姫様だったっけ?ラドゥってこんなに可哀想で弱くて(精神的に)騎士だったっけ?そして、トレス君ってこんなに萌えキャラだったっけ?
    というようなことを心中で猛りつつの再読とあいなりました。トレス君の地下水路シーンは、鼻血ものですね。なんだ、あの可愛さは。けしからん。
    はじめてこれを読んでいた頃は、まだ英語しか話せておらず、その知識も薄いものだったので気付きませんでしたが、真人類帝国や騎士団の言葉って、ちゃんとカナの部分を読むと意味をなしているんですね。すごいなあ、吉田直氏は。と思うと自動的に、どうして彼はあんなに早く逝かなくてはいけなかったのかなあと切なくなります。
    アベルを挟んだカテリーナ様とエステルの三角関係も、全員無自覚なのが切ないですね。当時は、エステルを好きになれなくて、カテリーナ様かわいそう、と思っていたっけ。
    ブラザー・ペテロとイオンの心の交流シーンで不覚にも涙しそうになりました。ペテロ、髪型気持ち悪いと思ってごめん。実はいいキャラだったね。
    ラドゥのこれからを覚えているからこそ、彼の苦悩や葛藤がより悲しく映ります。トリブラの1巻でも書いたのですが、ネタバレされても面白さが薄まらないというのは、すごいことです。結末をなんとなく覚えていても、作中でなんとなく次が分かっても、面白い。ライトノベルと侮ることなかれ。

  • なんで戦う女の服がスカートで白なんだろう。エステルの胸はコミックス版では隠れ巨乳ということになってるけど原作通り小さめの方が良いね。尼さんがテロリストになるような町で育った女の子が巨乳なんておかしいわ。この作品から短命種も長命種も一枚岩ではないということやこの作品の世界観が段々と分かるようになる。ギャグとシリアスが混じったシリーズだが、全然違和感がないのが不思議。

  • 久しぶりに再読。
    主要人物はもちろん、この巻から出てくるイオンやラドゥがとても好きです。
    どちらかというと長生種のほうが好きなキャラが多いかもしれない。
    前巻よりアベルや長生種の正体に迫る内容、クルースニクに対するエステルの葛藤などなど見どころがいっぱいでした。
    ラドゥ、いいですね。不憫……というか人間臭いところが。昔読んだときより好きです。

  • 何度目かのシリーズ再読中。
    イオンはアニメの絵柄のイメージが強いです。アニメのイオンって本当に可愛かった記憶が…。健気だし。

  • 裏切りの物語が多いシリーズで心がシクシクしてきます。。疑心暗鬼、すれ違い、葛藤、自己嫌悪…暗くなっていく展開のなかの清涼剤は、やっぱりブラザー・ぺテロでしょう!!なんですあの清々しいまでに体育会系は!
    特に今回はどろどろ悩んじゃう系キャラが多かっただけに、ぺテロのちょっとバカな筋肉思考に癒されました。
    あと、第一印象は狂信的な異端審問部隊トップなのに最後の方では意外と人道的な判断してるのにもゆる…

  • 吉田先生の描くある種の「理不尽さ」にいつも胸を打たれます。未完のまま亡くなられたのが本当に残念でならない。

  • 少年貴族の吸血鬼だけどほんとは数百歳♪なイオン初登場の巻。
    このシリーズ、女性陣が強すぎるだけに本気でヒロインに見えてしまう。可愛すぎる。
    自由都市カルタゴっていう設定がまたツボで、カテリーナも出てきて大満足。
    ラドゥの心理で、裏切り⇒後悔⇒後戻りできない⇒俺のような裏切り者が幸せなど……、の循環が悲しい。
    「何を惑うことがある? 俺のような薄汚い裏切り者が」みたいな台詞を吐くんですよねイオンとの日々を回想しながら!(ばしばし)

  •  この著者の描写には時に大げさすぎるところがあるような気がしないでもないけど、それがかえってこの表紙にあるようなゴシック風のイラストと合っていると思うので納得できる。
     果たして私が第三巻を手にする日は来るんだろうか。

全24件中 1 - 10件を表示

トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈2〉熱砂の天使 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

吉田直の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈2〉熱砂の天使 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする