トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈3〉夜の女皇 (角川スニーカー文庫)

著者 : 吉田直
制作 : THORES柴本 
  • 角川書店 (2002年6月29日発売)
3.61
  • (70)
  • (35)
  • (184)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :569
  • レビュー :25
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044184070

作品紹介

大災厄で文明が滅んだ遠未来。異種知性体・吸血鬼と人類の闘争が続く暗黒の時代-ミラノ公の密使として真人類帝国入りしたエステルとアベル。しかし、人類圏とかけ離れた異境文化に戸惑いを覚える間もなく、エステルは皇帝暗殺計画に巻き込まれてしまう!一方、単身、皇宮に潜入したアベルは、女帝ヴラディカとの面会を果たすが…。ノイエ・バロックオペラ『トリ・ブラ』R.O.M.第3弾。

トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈3〉夜の女皇 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • R.O.Mの中では一番好きな巻です。
    帝国のシステムは良いよね。長命の皇帝ありきだから、現実には無理だけど。長命の長が善政を布けばすべて解決、って考え方は十二国記と一緒だなぁと思います。現代は国の方針がコロコロ変わるから拙いってのはあると思うので。特に日本…。

    セスは可愛いし、アストはかっこいいし、長命種は素敵キャラが多すぎだぜ…。教授とかダンデライオンも好きだけど。脇キャラでは、最後にちょっとしか出てこないけどミルカが好きです。殆ど名前だけで普通に喋るのは二言三言の癖に全部持っていくよねこの人(笑) イオンとの会話が面白すぎるので、もっと絡みが見たかった。凄くキャラ立ちしてるのに出番あれだけとか、目茶苦茶もったいないキャラだと思います(笑)

  • ドキッ☆吸血鬼だらけのツァラ・メトセルート潜入!〜ラドゥはまだ死んでなかったんだよ編〜
    です。副題は『アウグスタはアウグストゥス=尊厳者の女性形ですからー!』で。
    この巻で超キーパーソンみたいな感じに書かれているアウグスタ・ヴラディカは残念ながら私あまりヒットしなかったのですが(残念!)、アスタローシェ・アスランが大好きなので出てきてくれてよかったー! 『戯言シリーズ』の哀川さんばりの存在感とド派手さを秘めた方です。
    そして女帝暗殺を企てたスレイマン!(スレイマン1世だー!!)動機を語るところはもう全身ガタガタきました。どこまで震えさせたら気がすむんだと。人の信仰だとか、その対象への絶対的信頼への根拠とか、そんなところをもろに突いてくるような独白で、読んでると瞳孔が開いてくんじゃないかと。(笑)
    極めつけはラドゥですねーこの子どうしてこんなに浮かばれないの……! 或る意味アベルよりも不幸な星の下に生まれてしまった子だと思います。ディートに思うように弄ばれて動かされて、「それでも心はまだ生きている」っていうところが……! あああああー。

  • シリーズを通して一番大好きなキャラクター、アスタローシェ・アスラン♡
    紙媒体でお持ちの方は分かるだろうが、扉絵のアストさんね、なんと麗しいことや♡
    サバサバした中にも気品と強さと友思いとを兼ね備えていて、アベルを嫌がりつつも頭を突っ込んだことに投げやりにならず、突き進む女性…素敵過ぎる!

    如何せん、前巻からの続きでイオンのなぶられ具合が可哀想なくらいの展開に同情(笑)
    可愛いお祖母様からの行き過ぎな愛情表現というか仕打ちというか奔放さが辛いとこね…。

    またしても陰謀に振り回される方々…今回は長生種の皇帝陛下暗殺へと発展。
    未遂に終わるわけだけれど、弑逆者は絶対的な存在を見せつけられ、信じてきたものをあるきっかけによって崩される…付け入る隙をついてくる騎士団、またしても。

    誰もその声と姿を拝謁したこともない孤高の存在が実はアベルと同じ存在、しかも妹という。
    でも、女帝であるからにしてテキパキ、ズバズバしているところは統べてきた年月が違うということ。
    遥か昔の出来事を悔やみ続けるアベルと償い許すというセスと彼女…その出来事とはなんぞや?

    最後に「破壊する」とまで言わしめた"アイツ"とは誰なのか。
    うーん!先が気になる展開で〆。

  • 作者の吉田直氏がヴァンパイアをテーマにしたのは、自身の病が血に関することだったからで、アベルがクルースニクになるのが嫌なのは、自身が病によって自分を見失う恐怖心からだとどこかのインタビューで読みました。
    それを知ってからの再読は、極上のエンターテイメントの中に、吉田氏はどんな気持ちでこのセリフを書いたのだろうと思わせる記述がそこかしこにあって、ふいに涙しそうになります。
    強くて可愛いアストさんと、強くて優しいエステルにはさまれた、可愛くて素直な(というか騙されやすい)イオン姫。彼にこそヒロインの名はふさわしい。ラドゥの手のひらでころころ転がってみせるイオンが可愛いやら呆れるやら…。そして、ラドゥだけではなくて、他のひとの手のひらでも転がっていたことが露見するイオンさん。どんまい。
    セスは、再読した方が可愛くうつりました。なぜでしょう?と書きながら、そういえばミルカ公が出てきたとき、イオンと同じ瞳の色をしていたことに気がつきました。伏線も、難しすぎず易しすぎずで、これまた絶妙ですね。

  • 短命種と長命種の微妙な関係が興味深い。また色々な意外な事実が発覚する巻でもある。挿絵のメリハリの効いたボディラインという割には全然巨乳に見えないアストと傷だらけの身体という設定のくせに体に傷がないエステルが少し気になる。というか貧弱な体という設定ならお尻も貧相に書いたほうが良いんじゃないかトーレス柴本さん。あの絵じゃむしろエステルのほうがスタイル良く見えるよ。(足の長さの割合とかも)次々と登場人物が増えていくのに頭がちっとも混乱しないのが不思議。

  • やっぱり面白い!帝国編もだいすきです。
    政治って、何がいちばん良いのかなあと門外漢なりに考えられる一冊です。

    本当に魅力溢れるキャラクタばかり&漫画版の絵柄も頭に浮かべつつ読んで、想像がふくらみます。
    イオンが新たなアベルのパートナーになる話を、読みたかったなあ。
    2015.05.15

  • ついに真人類帝国へ。
    常に黄昏の都、瑠璃壁の内部の風景を想像するとうっとりしてしまう。
    人間よりも吸血鬼のほうが真っ直ぐで、帝国の方が安全でしっかりしているように思えて、私も帝国に住みたい…笑
    黒幕も含め、皆いいキャラしてますよね。

  • 舞台を帝国に移してのイオン編後半。
    あの子もこの子も再登場な盛りだくさん感と全体に張り巡らされた伏線やらどんでん返しやらが贅沢な一冊。
    アストさん、発刊順に読むとそんなに期間を感じませんでしたが作中では3年ぶり。時系列で読んでいくとかなり懐かしい感じになります。やっぱりアスト&アベルのペアが好きだなぁ~
    アベルとセスは最終盤にいろいろお話していてふふふと思っていたのですが、神学大全チラ見した感じだとこの後って・・・・・・
    それにしても、イオンの帝国貴族にしても古風な口調はおばあさま譲りなんですよね。なごみます。

  • 「トリ・ブラ」シリーズ、物語の中核を担うR.O.M第三弾の本作。
    個人的にR.O.Mではこの作品が一番好き。キャラも濃いしテンポもいい、しかも中盤から終盤にかけては「クルースニク」であるアベルの苦悩が描かれていて、とても満足なボリュームとストーリーだった。

  • セスちゃん可愛いよ。セスちゃん。

全25件中 1 - 10件を表示

トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈3〉夜の女皇 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

吉田直の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈3〉夜の女皇 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする