夢から、さめない (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 白倉 由美 
  • 角川書店
3.75
  • (8)
  • (2)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044185015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • たどたどしいけど文章がとにかく綺麗だと思います。
    いくつもの物語が重なって一つになるところが――世界が構築されていく様子に意味があり、彼らの出会いの必然性に心を打たれます。

    今でも読み返す一冊。

  • 昔ラジオドラマをやっていて、名前、空気、世界観…そういったものがすごく好きで。
    本当に本当にこのお話が大好きでした。

    感情的に書かれているようなのに、どこか冷めているような文章がすごくツボだったのでしょう。
    私の中の白倉由美小説No1

  • 文章でもこの人らしいな、と思ったり。

  • 「大きくなりません」の方が好きなのだが、選んでしまったのは「夢から、さめない」だった。白倉由美は世界を何人かの視点で共有するためにこの小説作法をとったらしいのだが、反対に私は登場人物が語ることでしか奥へと進めない箱庭のような自己完結した世界に感じた。今作の登場人物達は動物園襲撃計画をきっかけに、自分たちがいた世界から新たな世界への一歩を踏み出した。だがそこも、箱庭の世界のような――そんな、抜け出せない閉じた世界をこの話から感じる。勿論、良い意味でだが。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1965年千葉生まれ。
著書に「きみを守るためにぼくは夢をみる」(星海社)、「ネネとヨヨのもしもの魔法」(徳間書店)等がある。

夢から、さめない (角川スニーカー文庫)のその他の作品

白倉由美の作品

ツイートする