夢から、さめない (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.25
  • (4)
  • (5)
  • (10)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 65
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044185039

作品紹介・あらすじ

3人の少女はそれぞれの夢を見る。空の音が響く庭園。名前を呼ぶ声。砂に刻まれた足跡はすべて未来へと続き、彼女たちの見る夢は少年を動物園に導く。「動物園襲撃計画」と記された青いノートが彼らの手から手へと受け渡されて、少年と少女たちは新月の水曜日、動物園を襲撃する。二度と訪れることのない、少女たちの季節をみずみずしく描いた青春ラブ・ストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 空の音だけが聞こえている日に、公園で「お兄ちゃん」に手渡された少女・、空音(そらね)。神戸からやってきた少し変わったイントネーションで話す少女・恵庭陸(えにわ・りく)。恋人の草薙水(くさなぎ・すい)に先立たれた少女・浅瀬勇魚(あさせ・ゆな)。三人の少女たちの手を、草薙水の遺品である『動物園襲撃計画』と記された青いノートが受け渡されていく物語です。

    もともと著者がプロデューサーを務めたラジオ番組内で、新人声優によって朗読されたストーリーとのことで、小説として読むと少し淡泊に感じてしまいました。朗読を聴くと、女の子たちの一言一言が独自の雰囲気を作り出したのかもしれないという気がします。

  • 漫画家さんだったんですね、この方。
    知りませんでした。
    すごくきれいな文章で、透明な水を飲んでるみたいないい時間を過ごせました。
    動物園襲撃というなんとも魅力的なキーワードが散りばめられた物語。
    こういう本をまだまだ必要とする感受性でよかった。
    こういう本を読んでる人間を馬鹿にする文学青年?文学おじさん?wwには絶対にわからない世界。
    アリストクラットな世界。
    少女世界への試金石でもあり、ただの冷たいお菓子のようでもある。
    また白倉さんの本は読もうと思う。

  • 「夢から、さめない」白倉由美◆少年少女たちを引き合わせた一冊のノート。ノートに記されていたのは、動物園襲撃計画。メルヘンチックと言うのでしょうか。誰かの夢を詩にしたのを読んでいるような感じ。現実感が希薄で、砂糖菓子みたいに繊細で可愛くてふわふわ甘い。綺麗だけど好きではない、かな。

  • これはお伽話?

  • 動物園襲撃計画、別の本でも読んだ気がするけど…なんでだっけ?

  • 【19】
    さくっと読んでしまったのであまり感想なし。
    青春小説だなぁってくらい。
    こういうの久しぶりに読んだ。

  • きれいな女の子と男の子の
    イノセントきわまりない繊細な世界で
    守られ守られながら描かれるストーリーは、
    最後まで読もうという気にならない…

    読むというより、読んで「あげてる」気持ちになるのはなんでだろう…

    作者の本気がにじむ文は、読ませる
    たとえストーリーがフィクションでも
    作者の本気があるかぎり
    現実があるのだと思う

    これにはそれがない
    いろんな意味で、スイーツ

    ただし、10代のころだったら喜んで読んでいた。確実に。

  • 永遠の少女のバイブル。深い。はまるとすごい。

  • 少年少女たちの痛々しいくらいの思いがつまっている作品。この人の文体は特徴があると思った。あと表現がすごく綺麗。

  • '09.5.6読破

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1965年千葉生まれ。
著書に「きみを守るためにぼくは夢をみる」(星海社)、「ネネとヨヨのもしもの魔法」(徳間書店)等がある。

「2016年 『僕らの惜春』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白倉由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×