多重人格探偵サイコ 小林洋介の最後の事件 (角川文庫)

著者 :
制作 : 林 光黙 
  • KADOKAWA
3.41
  • (18)
  • (15)
  • (87)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 225
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044191146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ビリー・ミリガン」とかそういう類の本ばかり一時期読んでいた。きっかけはトリイ・ヘイデンの「シーラという子」。

    多重人格もののコミックのなかで、一番印象的だったのが「サイコ」。ぞわり、として2巻以降読んでいない。

    こちらは、警察官小林洋介が連続殺人犯島津寿を射殺し、逮捕されてからのお話。

    「羊たちの沈黙」とかが好きな人におすすめ。
    でも就寝前に読むのはやめたほうがいいかも。

  • 刑務所の中の話。
    雨宮たちが交替するときの「異臭」は漫画版ではなかったと思うので意外でした。
    千鶴子の病室で伸二と話したっていうのがよかった…それ込みで雨宮と伸二の会話が全体的に好き。
    失礼かもしれないんですが、伸二は誰かを心配するようなことがあるのかと…

  • 雨宮と西園好きにはたまらない。
    一子ちゃんと二子ちゃんが好き。

  • 恋人の復讐のため連続殺人犯を射殺した刑事・小林洋介。その時から彼は、「多重人格探偵・雨宮一彦」となった。その雨宮を収監先の刑務所で待ち受けていたものは…。卑屈でサディスティックな暴力看守、所内で隠然たる力を持つニューハーフの謎の受刑囚、彼が仕切るあやしい賭博ゲーム、そのゲームを動かす悪意に満ちた双子の女の子。そして雨宮一彦の最初の事件が幕を開けた。

  • 08/03/27…もうやっぱり伸二が格好いいに尽きる。

  • 恋人の復讐のため連続殺人犯を射殺した刑事・小林洋介。その時から彼は、「多重人格探偵・雨宮一彦」となった。その雨宮を収監先の刑務所で待ち受けていたものは…。卑屈でサディスティックな暴力看守、所内で隠然たる力を持つニューハーフの謎の受刑囚、彼が仕切るあやしい賭博ゲーム、そのゲームを動かす悪意に満ちた双子の女の子。そして雨宮一彦の最初の事件が幕を開けた。六〇〇万部を突破したベストセラーコミックの原作者自身によるノベライゼーション。すべてはここからはじまる。

  • サイコの小説版、第一弾。
    読んだけど、覚えてない…
    グロいので、苦手な人は読まないほうが吉。

  • 人気コミックの小説化第一弾。

  • 何度も読み返してしまう。読みやすくていい。

  • 刑務所での特別な囚人服(着たまま排泄できるように尻が開いたもの)などは実際にあるらしい。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大塚 英志(おおつか えいじ)
1958年生まれ。まんが原作者、批評家。国際日本文化研究センター研究部教授。まんが原作者としての著書に『多重人格探偵サイコ』(田島昭宇画)『黒鷺死体宅配便』(山崎峰水画)、民俗三部作『北神伝奇』『木島日記』『八雲百怪』(森美夏画)、『恋する民俗学者』(中島千晴画)など。
評論では『「捨て子」たちの民俗学――小泉八雲と柳田國男』(角川選書/第5回角川財団学芸賞)、『公民の民俗学』(作品社)、『怪談前夜 柳田民俗学と自然主義』『殺生と戦争の民俗学』(ともに角川選書)などがある。

大塚英志の作品

ツイートする