木島日記 乞丐相 (角川文庫)

著者 :
制作 : 森 美夏 
  • 角川書店
3.47
  • (25)
  • (24)
  • (93)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 269
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044191184

作品紹介・あらすじ

乞丐相-民俗学者の折口信夫博士は自らの鼻梁にある青インキの染みの如き痣をそう呼んだ。それはロールシャッハテストの如く、見る者の闇を映し出した。正史と偽史の隙間に浮かんでは消えるあってはならない物語を、仮面の古書店主・木島平八郎が"仕分け"する。『八つ墓村』のモデルになった津山三十人殺し事件。心中ブームと人間避雷針。迷い子塔と優生政策。昭和初期の世相を記録した『木島日記』から、あってはならない物語が平成の世に浮かび上がる…。超民俗学伝奇小説の傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。

    不穏な世情に不可思議な出来事それに加えて奇天烈な登場人物達、好きな要素がてんこ盛り。
    シリーズ中で一番好きな作品「砂けぶり」。
    じめっとした雰囲気で強烈な切なさで締められる物語がたまらない。

    このシリーズ、ぜひとも続刊を望む。

  • 木島日記第二弾。今回は津山三十人殺しや心中ブーム、迷子塔など、昭和初期の事件や世相がメイン。あいかわらずの折口先生や土玉など、これまたたまらんお話。

  • 読者のことを全く考えず好き放題書いてるような印象。多分この人この作品が売れなくてもいいと思ってる。が、でもここまでくると潔さすら感じる。ここが藤木稟との違い。大塚英志はやりたい放題な自分の小説の書き方に対して開き直っている感じや自覚があるみたいな感じがするんだけど、朱雀十五シリーズの藤木稟はどうにも自覚がないような気がする。土玉が木島の中にある変態性に気づいていたことには何気にびっくりした。根津の話にヒカリゴケが出てきたのは小説「ひかりごけ」からか。あれも確か食人ネタの小説だったような気が。

  • 前作に続き再読。

    「あってはならない」物語、第二幕。
    いわゆる「津山三十人殺し」が起きたときの日本人の殺人というタブーに対する感覚の鈍化、ナチスに倣った優生学的出生管理など、戦前の日本に澱のように淀んでいた空気感がいい。
    一方で戦前の昭和は消費生活が盛んな“明るい”時代でもあり、その明と暗を奇妙に屈託のない連中が跳梁していてぐねぐねとつかみどころのない雰囲気が、これまたたまらないのである。

    前作に比べ、キャラクター小説っぽい。
    「うひゃひゃひゃ」と甲高く笑う瀬条機関の土玉氏や陰謀を隠しておけない陰謀家の安江大佐らのサブキャラが、狂言回しの折口信夫や木島平八郎を完全に食ってしまっている。
    たぶん作者がこういう強烈なサブキャラをいじるのが好きなんだろうな。

    刊行されてずいぶん経つけど、大塚作品らしくいまだ未完。
    3作目の執筆には取り掛かっているらしいが、果たしていつになるやら…まぁ期待を込めて、星5つ。

  • 民俗学者・折口信夫博士は自らの鼻梁にある青インキの染みの如き痣を乞丐相と呼んだ。
    兄弟を殺して家を奪う相を……。

    魏志倭人伝に記される、朝貢に行く船が海での災害を避けるために伴ったと言う持衰(じさい)。
    『八つ墓村』のモデルになった津山三十人殺し事件。
    昭和初期の世人の注目を集めた過激な新宗教・日蓮会殉教衆青年党、所謂「死なう団」。
    帝都の貧民窟でおこった岩の坂貰い子殺し事件。

    正史と偽史の隙間に浮かんでは消えるあってはならない物語を、仮面の古書店主・木島平八郎が“仕分け”する。

  • 乞丐相―。民俗学者の折口信夫博士は自らの鼻梁にある青インキの染みの如き痣をそう呼んだ。それはロールシャッハテストの如く、見る者の闇を映し出した。正史と偽史の狭間に浮かんでは消えるあってはならない物語を、仮面の古書店主・木島平八郎が”仕分け”する。『八つ墓村』のモデルになった津山三十人殺し事件。心中ブームと人間避雷針。迷い子塔と優等政策。昭和初期の世相を記録した『木島日記』から、あってはならない物語が平成の夜に浮かび上がる…。超民俗学伝奇小説の傑作。

  • 更新忘れ。大塚氏の文は不思議と読みやすい。すでに漫画で読んでた内容もあったが、文で読むとキャラたちのまた違った心境が見れてよい。読者を全く意識しない(意識しまいとしてる?)姿勢が好きだ。

  • それでも、買った。

  • 4年前くらいに、本屋で大塚英志氏の名前を見て即買い。 
    しかし、2巻目だったという落ちで今日まで放置。 
    いい加減、1巻を入手して読まなきゃな…

  • 木島日記2巻目。
    こちらの世界観もいい。
    うーん、でも1巻目のほうが好きかなぁ…

全22件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1958年生まれ。まんが原作者、批評家。国際日本文化研究センター研究部教授。まんが原作者としての著書に『多重人格探偵サイコ』(田島昭宇画)『黒鷺死体宅配便』(山崎峰水画)、民俗三部作『北神伝奇』『木島日記』『八雲百怪』(森美夏画)、『恋する民俗学者』(中島千晴画)など。本書に関する批評として『「捨て子」たちの民俗学――小泉八雲と柳田國男』(角川選書/第5回角川財団学芸賞)、『公民の民俗学』(作品社)、『怪談前夜 柳田民俗学と自然主義』『殺生と戦争の民俗学』(ともに角川選書)などがある。

木島日記 乞丐相 (角川文庫)のその他の作品

大塚英志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
大塚 英志
有効な右矢印 無効な右矢印

木島日記 乞丐相 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする