アトムの命題 手塚治虫と戦後まんがの主題 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.56
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044191276

作品紹介・あらすじ

2003年4月7日、アトムが生まれた。そしてその日、世界は戦時下にあった…。記号的表現として決して傷つかないまんがキャラクターを、手塚治虫が実際に血を流す存在として描いた時、戦後まんがは始まった。手塚はなぜまんがの登場人物に、リアルな身体と心を与えたのか、なぜアトムは大人になるのを拒んだのか。戦後から現在に至るまで、まんがに流れる「アトムの命題」を解き明かした画期的な評論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 他の著作で語られてきたアトムの命題のみに焦点を当てた評論。
    表紙が西島大介ってのが面白い。

  • 手塚治虫から始まる、と多くが思っている現代マンガの歴史。その出自を追う。
    マンガ、ジャパニメーションと日本の誇る・・・と形容されて久しいものたち。ただ、なんとなくそうなのかなと思っているけれど、それについて一度考えてみる材料になる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

大塚 英志(おおつか えいじ)
1958年生まれ。まんが原作者、批評家。国際日本文化研究センター研究部教授。まんが原作者としての著書に『多重人格探偵サイコ』(田島昭宇画)『黒鷺死体宅配便』(山崎峰水画)、民俗三部作『北神伝奇』『木島日記』『八雲百怪』(森美夏画)、『恋する民俗学者』(中島千晴画)など。
評論では『「捨て子」たちの民俗学――小泉八雲と柳田國男』(角川選書/第5回角川財団学芸賞)、『公民の民俗学』(作品社)、『怪談前夜 柳田民俗学と自然主義』『殺生と戦争の民俗学』(ともに角川選書)などがある。

アトムの命題 手塚治虫と戦後まんがの主題 (角川文庫)のその他の作品

大塚英志の作品

ツイートする