ラグナロク〈2〉白い兇器 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : TASA 
  • 角川書店
3.23
  • (7)
  • (9)
  • (65)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 179
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044192020

作品紹介・あらすじ

私は、リロイ・シュヴァルツァーとともに戦っていた…我が相棒はかつてS級にランクされたほどの傭兵のくせに、今では厄介事に巻き込まれるばかりの迷惑な男だ。カナンの街でも、海賊に襲われる女を助けたために、困難な争いに首を突っ込むことになった。その結果、否応なしにも私も働かねばならない。私の名はラグナロク、彼が腰に差した剣だ。-凄腕の傭兵リロイと言葉を操る魔剣ラグナロクの闘いを描く格闘ファンタジー第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 海賊vsリロイなだけかと思ったら、その裏には狂人が二人と闇の種族が一人で、メインはそっちでした。
    半分くらいでクライマックスだなと思っていたんですけどね。
    前時代文明兵器が3つも出てきます。ラグナロクを除いて。
    アクションシーンは微妙に稚拙かなとは思いますが、心理描写とかは結構好きです。
    面白かったです。

  • 中二再び。
    情景が結構わかりやすい。
    ちょっとずつ主人公の周りがさわがしくなってゆく。

  • 何故か2巻だけw周りみんな好きだったけど、ブギーに夢中でしたw

全4件中 1 - 4件を表示

安井健太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする