ラグナロク〈3〉銀の深淵 (角川スニーカー文庫)

著者 : 安井健太郎
制作 : TASA 
  • 角川書店 (1998年12月発売)
3.13
  • (3)
  • (8)
  • (65)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :172
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044192037

作品紹介

執拗に二人をつけねらう謎の組織ヴァルハラ。傭兵リロイと相棒の魔剣ラグナロクは、組織の手がかりを掴むため、大陸中の情報が集まる都市アガトを訪れたのだが、調査に掛かろうとした矢先、二人の前に、当のヴァルハラのエージェントを称する黒眼鏡の男が現れる。男は、リロイに驚くべきヴァルハラの目的を語り始めた…リロイの正体は?闇の種族をめぐる世界の秘密とは?面白さが加速する、超絶技巧の格闘ファンタジー、第3巻。

ラグナロク〈3〉銀の深淵 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回の見所は闇の種族との戦闘シーンですかね。
    最後は尻切れトンボのように次巻へって感じになっちゃったし。
    時々、リロイとラグナロクの会話がどっちがどっちかわからなくなることがありますね。
    設定とかは大好きなので、やっぱり面白いと思ってしまいます。
    次巻が楽しみです。

全2件中 1 - 2件を表示

安井健太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ラグナロク〈3〉銀の深淵 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする