ラグナロク〈6〉黄金領域 (角川スニーカー文庫)

著者 : 安井健太郎
制作 : TASA 
  • 角川書店 (1999年9月発売)
3.24
  • (4)
  • (8)
  • (55)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :145
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044192068

作品紹介

強敵シュタールとの過酷な戦いを終えて、城に戻ったリロイを待っていたのは、マリーナの誘拐事件だった。犯人の要求を毅然と拒否したフレイヤ女王は、次々と捜索の手を打つ。だが、勝手な行動を禁じる女王に、我慢ならなくなったリロイは、ひとり城を飛び出すことに…私の名はラグナロク。リロイの相棒にして彼の剣だ。今回は、おまえの無茶な探索行のために、人の姿を取らざるを得ないらしい-超格闘ファンタジー、注目の第6巻。

ラグナロク〈6〉黄金領域 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回も激しい戦いを繰り広げるこの本ですが、今回は事件に動きがあり。
    他にはちょっとした愉快な話ですが、周りから見てリロイとその相棒、ラグナロクをどう見たのか。神出鬼没であるラグナロクですが、ちょっと微笑ましいシーンがあります。
    相変わらず大半はバトルですが、様々な味を見せてくれます。

    でも終わり方はちょっと・・・悔しいです。

全2件中 1 - 2件を表示

安井健太郎の作品

ラグナロク〈6〉黄金領域 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする