コードギアス 反逆のルルーシュ―STAGE‐4‐ZERO (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 木村 貴宏  toi8  大河内 一楼  谷口 悟朗 
  • 角川書店
3.68
  • (22)
  • (10)
  • (42)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 180
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044223113

作品紹介・あらすじ

神聖ブリタニア帝国の圧政から日本人を救うため、皇女ユーフェミアは日本人の自主統治を認める「日本特区」を作ることを宣言する。喜びに沸く日本だったが、それが最悪の悲劇を生む。「日本人のみなさん、死んで下さい」ルルーシュの暴走したギアスによってユーフェミアは式典に集まった日本人に銃声を浴びせ始める。血の海と化した式典会場、そしてユーフェミアも…。これは神の意志か、悪魔の運命か!?アニメノベライズ第五弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1期終了。

  •  1期の最終巻。
     
     アニメ見てても「血染めのユフィ」はつらかったけど、読んでもつらいわ。
     
     結局ルルーシュの足を引っ張り、縛るものは、情の尻尾とプライドなんだよね。ユフィと対峙して、彼女に負けたとわかっても、最後にむくっともたげてきたプライドゆえに、言ってはいけない言葉を口してしまった。
     アホな子。

     そして、ユフィの死によって、マイナスベクトルで腹をくくったスザク。
     
     ラストで、対峙するルルーシュとスザク。
     そのスザクの、ルルーシュの容赦ない全否定が悲しい。
     そこまで否定するということは、同じように求めてもいるということなんだけど、スザクは精神的には未熟なのでそれには気づかないのだ。
     気づかないことが、次への悲劇を誘うんだけどね。

     とはいっても、彼らはまだ17歳なのだ。
     子供のであるのに、未熟であることが、罪であるなんて、世界は悲しい。

  • 表紙が神…!!!

  • とりあえず一段落。

  • アニメ前期終了部分まで ただし、ガニメデ騒動は出てこない

    この巻はほとんどアニメと変わらない。
    映像という情報が少ない分、小説の方が削りすぎに見える
    アニメを見ずに読んだらきっと、情報がたりないんじゃないかな〜と思ってしまった

  •  コーネリア、ユフィ、ダールトン。アニメ本編では描かれなかったこの3人の生きてきた時間が、細やかに描かれていました。この小説を読んでしまうと、ダールトンがむかえた運命の壮絶さを思わずにはいられません。

  • 2期が楽しみすぎるんだぜ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  • 何度読んでも泣く。
    未来を信じて頑張っていたユーフェミアの想いに泣く。
    ルルーシュの想い。スザクの想い。
    みんなささやかな幸せが欲しかっただけなのに。

  • アニメ終了してからハマったので「えー、なんで〜!」とショックが大きかったです。これでS2に続くんですよね。
    どうなるんでしょう。ナナリーとかアニメで新しく登場する謎の人物とか関係あるんだろうなあ。早く見たい!

  • 読めばよむほどただ泣ける
    テレビでは触れられなかったネリ姉さまや
    ユフィに対するルルーシュの思いが描かれてて


    うん やっぱり 泣ける。。。

全11件中 1 - 10件を表示

コードギアス 反逆のルルーシュ―STAGE‐4‐ZERO (角川スニーカー文庫)のその他の作品

岩佐まもるの作品

ツイートする