機動戦士ガンダム外伝―コロニーの落ちた地で…〈上〉 (角川スニーカー文庫)

  • 角川書店
3.32
  • (4)
  • (7)
  • (21)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 77
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044232016

作品紹介・あらすじ

宇宙世紀0079。ジオン公国と地球連邦との戦い「一年戦争」のなかで、ジオン公国は地球への「コロニー落とし」を敢行。その結果、オーストラリア大陸は、3分の1が壊滅した。開戦後11ヶ月、この大陸でもジオン軍に対する連邦側の大規模な反攻作戦が展開。各部隊の華々しい活躍の裏で、連邦側の数々の危機を救い、兵士たちの脳裏に残る戦いを繰り広げた特殊遊撃部隊が存在した…。DC版3Dシューティングソフトの小説版、遂に登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元になったゲームのファンなので読んでみたんだけど、これはあまりにも酷い。
    曲がりなりにも殺し合いを描いた作品であるはずなんだけど、描写に緊張感が全くない。本当に、驚くほどない。ゲーム版は硬派な演出が魅力だっただけに非常に残念。下巻も買ってあるから読むには読むんだけど、この作家の著作は二度と買わないな。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

【林譲治・作】  1962年北海道生まれ。臨床検査技師を経て、1995年『大日本帝国欧州電撃作戦』(共著)で作家デビュー。確かな歴史観に裏打ちされた架空戦記小説で人気を集める。2000年以降は、『ウロボロスの波動』『ストリンガーの沈黙』と続く《AADD》シリーズをはじめ、『記憶汚染』『進化の設計者』(以上、早川書房刊)『侵略者の平和』『暗黒太陽の目覚め』など、科学的アイデアと社会学的文明シミュレーションが融合した作品を次々に発表し、新時代ハードSFの旗手として活躍している。

「2013年 『小惑星2162DSの謎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

機動戦士ガンダム外伝―コロニーの落ちた地で…〈上〉 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

林譲治の作品

ツイートする