ZEONIC FRONT―機動戦士ガンダム0079〈1〉 (角川スニーカー文庫)

著者 : 林譲治
制作 : 臼井 伸二 (BEC)  木下 ともすけ  小笠原 智史  富野 由悠季  矢立 肇 
  • 角川書店 (2001年8月発売)
3.52
  • (5)
  • (7)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
  • 79人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044232030

作品紹介

宇宙世紀0079年1月から始まった一年戦争。コロニー落とし、ルウム戦役を経て戦いは泥沼の様相を呈していた。そして2月、ジオン軍はついに地球降下作戦を敢行。続く3月11日にも第2次降下作戦を展開せんとしていた。その前日、密命を受けた1機のHLVが地球周回軌道に入ろうとしていた。その機体表面に浮かびあがるのは狼のエンブレム。人はこの部隊を「闇夜のフェンリル隊」と呼ぶ-。話題のPS2用ゲームのノベライズ、登場。

ZEONIC FRONT―機動戦士ガンダム0079〈1〉 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジークジオン!!

  • リアル路線寄りのゲーム「ジオニックフロント」のノベライズに相応しい。背面への集中砲火でザクを撃墜する戦車隊など、戦術好きがニヤリとできる場面多数。ガンダムものにありがちな過剰に戦争を否定しだすキャラもなく、といって単に殺し合いをするでもないバランスの取れた出来になっていると思う。挿絵のレベルも高い。

  • GAME。ザク。ジオン。敗退。
    GAMEとほぼ同じストーリーで、連邦側のエピソードも少し入っていますが、ほんの少しです。もう少しGAMEとは異なるオリジナル要素があっても良かったかな。

  • ジオンの一個小隊から見た一年戦争の様子。
    人間臭い描写とメカニック描写がほどよくマッチしている。

全4件中 1 - 4件を表示

ZEONIC FRONT―機動戦士ガンダム0079〈1〉 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

林譲治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ZEONIC FRONT―機動戦士ガンダム0079〈1〉 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする