機動戦士ガンダム戦記―Lost War Chronicles〈2〉 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 逢坂 浩司  川元 利浩  木下 ともたけ  ベック  富野 由悠季  矢立 肇 
  • 角川書店
3.50
  • (5)
  • (5)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044232061

作品紹介・あらすじ

キシリア・ザビ配下の特務部隊という権威を笠に着て、対連邦軍のみならず味方でもあるジオン軍にも刃を向けた屍食鬼隊。自軍の軍用列車への襲撃、最新鋭のMSゲルググの強奪。しかし彼らの狙いはそれだけではなかった。マ・クベの秘密の軍資金「M資金」をも執拗に狙っているというのだ。連邦軍、ジオン軍、そして屍食鬼隊が戦局を左右しかねない「M資金」を軸に血みどろの戦いを繰り広げる!人気ゲームのノベライズ、完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オデッサ作戦で置き去りにされたジオンの残党軍、連邦軍デルタ・チームとグール隊の闘い。

     2009年10月18日購入

     2009年10月19日読了

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

【林譲治・作】  1962年北海道生まれ。臨床検査技師を経て、1995年『大日本帝国欧州電撃作戦』(共著)で作家デビュー。確かな歴史観に裏打ちされた架空戦記小説で人気を集める。2000年以降は、『ウロボロスの波動』『ストリンガーの沈黙』と続く《AADD》シリーズをはじめ、『記憶汚染』『進化の設計者』(以上、早川書房刊)『侵略者の平和』『暗黒太陽の目覚め』など、科学的アイデアと社会学的文明シミュレーションが融合した作品を次々に発表し、新時代ハードSFの旗手として活躍している。

「2013年 『小惑星2162DSの謎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

機動戦士ガンダム戦記―Lost War Chronicles〈2〉 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

林譲治の作品

ツイートする