フリクリ〈1〉 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 鶴巻 和哉  今石 洋之  GAINAX 
  • 角川書店
3.44
  • (5)
  • (13)
  • (34)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044236014

作品紹介・あらすじ

最先端医療機械の巨大な工場がそびえる地方都市・疎瀬。その街に住む小学生ナオ太は、アメリカに野球留学中である兄の彼女、女子高生マミ美とちょっとイケナイ関係にあった。だがベスパに乗った謎の女ハル子の登場により、そんなクールなナオ太の生活は崩壊する。頭には角が生え、人型ロボットが出現し、そしてマミ美との関係は…。GAINAXが放つちょっと切ない青春SF。アニメではわからない裏設定満載で、ここに完全小説化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今頃オススメすんななガイナックスの某隠れ大ヒット作品のノベライズ。
    リアルタイムで買ったものが最近ひょっこり発掘されたので再読してみました。

    …面白ぇ!
    当時は不条理さが気持ち悪くてイマイチしっくり来なかったんですが、今回はソレがすんごいツボで!
    前読んだときは凄い不快に感じたヒロイン?マミ実も、今回は後半のナオ太の心境で読みました。むしろ彼女の背景がどうなんだろと考えると痛々しいですが、ソコは深追いしないほうが良いなぁというのが今の感性だし。

    前は気持ち悪かった宇宙人ハル子も痛快に読んでました。特にこの巻の最後のシーンは最高。

    とにかくあとがきな解説にもありますが何でも有りが楽しかったです。
    痛さと痛快さとワンダホーさのさじ加減が最高です。

  • OVAフリクリの小説版。アニメだけでは分からなかったことも書いてあったり。

  • 少年とあるものを追いかけて地球にきた宇宙人のお話。まぁ謎とか全然解説もないしよくわかりません。全ては勢いとノリだけなのです。でもアニメーションははちゃめちゃながらスタイリッシュで雰囲気はよい、出来もよい。アニメの方が好きで買ったようなもの。ということは、、知らない人は、、、

  • 難しいところがちょいちょいあるので、実は完全に理解できてないです…が、だいたいな感じで読んでも楽しめました。アニメがあるらしいですが見た事ないです。〜3で完。

  • 全部で三巻アニメとあわせて読まないとわからない。

全6件中 1 - 6件を表示

フリクリ〈1〉 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

榎戸洋司の作品

ツイートする