フリクリ〈2〉 (角川スニーカー文庫)

著者 : 榎戸洋司
制作 : 鶴巻 和哉  今石 洋之  GAINAX 
  • 角川書店 (2000年9月発売)
3.50
  • (4)
  • (6)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :72
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044236021

作品紹介

頭がよくて学級委員で市長の娘。自分を特別な女の子だと思っている少女ニナモリ・エリが密かに愛する相手は、なんとわれらが主人公ナンダバ・ナオ太であった。ひょんなことからナオ太の秘密を知ったニナモリは、その夜、ナオ太の家に泊まることになり、急接近。貞操の危機、命の危機、おまけに地球の危機にまで発展する話題沸騰アニメの小説版第2巻。自称・世界一不幸なナオ太少年の、茫然自失&七転八倒な日々に、救いはあるか。

フリクリ〈2〉 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フリクリ2巻。1巻と間が開きましたが結構開いてもOKというか時々手に取るのが気持ちよかったかもでした。
    そもそもこの巻にあたるOVA3話部分「マルラバ」と4話部分「フリキリ」の独立ぶりも強いし。

    しかし「マルラバ」のミヤジ先生私コレの登場人物で1番怖い…こんな大人ってか先生絶対嫌だと思いながらも確かに小学校って良い先生もいる反面ろくでもない先生もいました。でも若い先生は小学校はあまりいませんな。
    ニナモリちゃんは小気味のいい、イカレ女が多いこの作品で1番普通の子かも。
    「フリキリ」はハル子の凄さの背景が見えて一気にSFです。
    ナオ太の異変が彼の思春期感情と連動しているというこっぱずかしい設定がここに判明?
    良い意味で恥ずかしいお話です(大笑)…彼が大人の階段昇るシンデレラ(男だっての)な最終巻、とっても楽しみ。

  • 3巻が売ってないorz

全2件中 1 - 2件を表示

フリクリ〈2〉 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

榎戸洋司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

フリクリ〈2〉 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする