ランブルフィッシュ〈2〉中間試験暴走編 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 久織 ちまき 
  • 角川書店
3.39
  • (7)
  • (7)
  • (36)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044241032

作品紹介・あらすじ

試作人型兵器=RF同士が激しい戦いを繰り広げる恵里谷闘専学内トーナメント試験の二回戦。沙樹が駆るガンヒルダと要のクリムズン・エッジの激突を前に恵里谷を訪れたのは、かつて要に兄を殺された少女、越智芹架だった。死闘の果てに沙樹たちを襲った、思いがけない試合の結末とは?そして、失踪した兄の行方を追う深見祭理がニューヨークで出会った相手とは?誰も見たことのない学園ストーリー、面白さ限界突破の第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1巻よりだいぶと読みやすくなった。
    暴走云々のところの描写にはハラハラとさせられ、ページをめくる手が早くなった。
    今のところ玲とまりあがお気に入り。

    しかし祭理のキャラが不明すぎる。
    一人称がころころ変わるのはわざとなんだろうけれど、普通そんな子いる?

  • 読み直し

  • ランブルフィッシュ2巻。
    うん、1巻より面白かったです。瞳子ちゃん怒りっぱなしじゃなかったし(笑)。
    しかし読めば読むほど、まりあちゃんと奈緒先生はモロ好み。
    まりあちゃんの告白にはビックリでしたが…現状では要君と彼女は「同志」
    て感じですが、5巻の表紙では2ショットだし今後が楽しみです。
    てかもう皆魅力的です。カスキャラ(ひでぇ)は「あんぷらぐど」のアホ教官と
    ガンヒルダの前任パイロットくらい(笑)。
    登場人物皆のコントラストも素晴らしい。
    次巻はニギヤカ担当?優妃ちゃん登場のようだし楽しみであります。

    しかし、自分は歳とったからか、芹架ちゃんの言葉の意味はすぐに解りました。
    いや、誰でも解るか;;

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

電撃ゲーム小説大賞(現・電撃小説大賞)銀賞、第1回日本SF新人賞、第5回スニーカー大賞特別賞を受賞。代表作は『ランブルフィッシュ』シリーズ、『アスラクライン』シリーズ。

「2018年 『ストライク・ザ・ブラッド APPEND2 彩昂祭の昼と夜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三雲岳斗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする