ランブルフィッシュ〈5〉凶天使襲来編 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 久織 ちまき 
  • 角川書店
3.44
  • (7)
  • (9)
  • (31)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 98
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044241063

作品紹介・あらすじ

試作人型兵器=RFがチームを組み、実戦形式で闘う過激な競技SR。理想筐体ダークシグリッドを駆る闘騎手ユアン・ガルーの策略に乗った要は、動けないガンヒルダと沙樹にかわり危険な練習試合に臨む。そのころ香夜の前に現れた異国人の女闘騎手は、沙樹も知らない彼の秘められた過去を知っていた…。最強の闘騎手、藤真蒼威を欠く恵里谷闘専に新たな敵レイステル小隊を迎え撃つ秘策はあるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ついに玲くん活躍巻がきた!
    というほど喋っているわけではないけれど、それがまた彼の良さだったりする。
    第四章で登場してほしいなぁと思っていたところ、見事おいしいとこどりで出たときは拍手物だった。

    また、もう一人のお気に入りであるまりあちゃんがこの巻では大変なことになってしまう。
    早く復帰して、表紙のような笑顔を見せてほしいものだ。

    終章、ついに深見兄妹が対面する。
    まさかココに繋がるとは思っていなかったので驚きだった。
    これからどう膨らんでいくのだろう。

  • 読み直し

  • 久々ですランブルフィッシュ。
    この巻から第2部開始って感じで新キャラが大量に登場。
    国籍色々美男美女、オカマまでいます(大笑)ですが全員曲者。
    最大の曲者はやはり1巻の序章に登場したあの方ですが…

    物語自体は連続してますが、章ごとに内容がガラリと変わって
    短編集みたいで楽しかったです。
    4章が最高…美少女の正体が解って大受けしました…そして
    あの方の正体も衝撃すぎ。

    ちょっとまりあちゃんが心配なまま続くなのが気になります。
    表紙でも2ショットだし、今回久々にクローズアップされた
    要君との関係も気になる。

  • 学園生活+ロボットアクションなんだが
    戦闘シーンは生身の人間同士の
    戦いの様に緻密に描かれていて
    ひたすらカッコイイ!!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

電撃ゲーム小説大賞(現・電撃小説大賞)銀賞、第1回日本SF新人賞、第5回スニーカー大賞特別賞を受賞。代表作は『ランブルフィッシュ』シリーズ、『アスラクライン』シリーズ。

「2018年 『ストライク・ザ・ブラッド APPEND2 彩昂祭の昼と夜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三雲岳斗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする