ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : Gユウスケ 
  • 角川グループパブリッシング
3.67
  • (59)
  • (93)
  • (112)
  • (18)
  • (1)
本棚登録 : 861
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044241131

作品紹介・あらすじ

ヒューイは、かつて所領の半分を1冊の稀覯本と引き替えにしたほどの蒐書狂である祖父から、古ぼけた屋敷とその蔵書の全てを引き継いだ。条件は一つ、"書架"を引き継げ-と。遺品整理に屋敷を訪れたヒューイは、本が溢れる地下室で、静かに本を読む少女と出会う。漆黒のドレスに身を包み、胸に大きな錠前をぶら下げた少女ダリアン。彼女こそ、禁断の"幻書"を納める"ダンタリアンの書架"への入り口、悪魔の叡智への扉だった-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編連載形式で読みやすいといえば読みやすい。
    アニメから入ったので、アニメでは頭に入らなかったものが文字として頭に入るので世界観や設定の理解はしやすかった。

    特別面白いわけではないので、本を読む手はそんなに進まなかった。

    各キャラの格付けがまだ1巻だからかハッキリしていないので、原作から入っていたらキャラの像がぼんやりして終わる。

  • アニメを見て、読み始めました。

  • 深夜に随分ダークなアニメをやっているなと思い気になったので、原作本を買ってみた。(このアニメのエンディングはちょっと不気味で怖かった)
    主人公は90万冊の幻書を封印しているとか、すぐお腹がすくなど、インデックス?と思わなくもないが、他にも魔導書関連の用語が出てくる話なので、似たような世界観を書くと、似たような設定になってくるのか。
    1話完結で5つの話が入っていますが、話の進み方はキノの旅とか世にも奇妙な物語風で、幻書に関わった人たちの末路を寓話のように書いています。
    残酷でダークな内容もあるけど、そんなにヘビーではないので、一貫して読みやすい。
    1話ごとにインパクトはあまりないけど、いくつか話を読み進めるとこの世界観に馴染んできて、次の話も読みたくなる感じ。

  • 禁断の幻書、体の中にある図書館、設定だけでこの作品は面白くないはずがないと思いました。

  • 焚書官は1巻から登場していたのですね…すっかり忘れておりました。
    ヒューイとダリアンの出逢いの物語も綴られていて、読みごたえのある一冊でした。

  • 飄々とした青年・ヒューイとゴスロリ毒舌愛書狂の美少女・ダリアンが未知の叡智を封じた幻書にまつわる事件を解決していく一話完結型のお話。
    ダリアンの造形が狙ってるとかヒューイが食えないヤツだとか色々言いたいことはあるんですが、個人的な見所は幻書を手にしたことによって運命を狂わされた人々(人外含む)のドラマだと思います。

    ヒューイやダリアンが出会う人々は自分から幻書を手にしたもの渡されたもの魅入られたものと様々。本との出会いは一期一会、幻書の入手によって願望や欲望を叶えた者も殆どは破滅の結末に至る。単純なハッピーエンドが用意されてるケースは少なく、ヒューイの警句やダリアンの説得も大抵は効をなさない。

    不可能を可能にする幻書はまたいやおうなく人間の醜さや矮小さをも見せつける。
    そんな中でも信念を貫き通すもの、人を愛する気持ちを失わないもの、己の運命を許容して滅びを受け入れるもの抗うもの、ゲストキャラの精神の葛藤が生み出すドラマに引き込まれてしまいます。

    断章はシュールなオチがついたショートショート風。つまみ読みするのも楽しい。キノの旅みたいな話が好きな方は気に入ると思います。

    ヒューイに対し非常にわかりやすい態度をとるダリアンも可愛い。口調はツンツンですが、彼女の焼きもちぶりは微笑ましいです。好青年だけど食えないヒューイとはいいコンビ。
    毎巻最後に収録されてるのはダリアン以外の読姫の話ですが、そこで中心になるラジエルとフランも負けず劣らず魅力的。
    コケットリーで小悪魔、「ばっかみたい」が口癖のラジエルが特にお気に入り。彼女が出てくる話をもっと読みたいです。

  • 地味に面白い。
    主人公たち以外にもいろいろなタイプの姫+門番ペアがいるのがいいなあ。焚書官ペアが一番気になる。

  • 一話一話の短い話に盛り上がりがあってスイスイ読めました。小さい可愛い毒舌美少女とやる気なさそうで実は実力のある青年というコンビも魅力的です。基本的にバットエンド的な話が多いので、人が知恵を持つといい事ないのかなとも思いますがたまに差し込まれるいい話?に救いがあります。ヒューイの鍵が物語のカギのようなので、どのように明かされるのか楽しみです。あとなぜ壺が人?になったのか、語られるならそれも楽しみです。天寿の書が好きです。

  • 「美食礼賛」

    「血統書」

    「叡智の書」

     「独裁者の書」

    「仕掛け絵本」

     「天寿の書」

    「焚書官」

  • この世にあってはならない幻書を収めたダンタリアンの書架、それは少女の姿をしていた。幻書の影響を受けて人生を変えた人々から幻書を回収する少女と鍵守の活躍を描く。「バベルの図書館」とクトゥルー神話を足した世界観の物語だが、怪奇と妄執に欠ける。

全79件中 1 - 10件を表示

ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三雲岳斗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする