レンタルマギカ 魔法使いの宿命! (角川スニーカー文庫)

著者 : 三田誠
制作 : pako 
  • 角川書店 (2005年12月28日発売)
3.36
  • (27)
  • (34)
  • (162)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :589
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249090

作品紹介

魔法使いとは、かくも残酷な存在なのか!?"アストラル"の天才陰陽師・猫屋敷蓮は、かつて苦楽を共にした弟弟子の圭から魔術決闘を叩きつけられる。陰陽道VS陰陽道-。しかし魔法使いの優劣は「血」であり「才能」であり、そこに「努力」が入る余地はない。霊獣くだぎつねを操る圭に、"天才"猫屋敷は炎の符呪で迎え撃つ。血で血を洗う決闘を前に、いつきの瞳は二人の悲しい過去を映し出した。古今東西の魔法を集結、快調異種魔術格闘戦。

レンタルマギカ 魔法使いの宿命! (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 5冊目、短編集。
    それぞれの社員にスポットを当てた話、という感じかな?

    [魔法使いと夏の海]
    黒羽と依頼を解決する話。
    海と水着といった感じで特に進展はなし。
    猫屋敷さんの水着はものすごいなー。

    [魔法使いと学校の怪談]
    穂波とアディリシアの学院で仲良くなったキッカケ。
    この時の穂波の目標は「一番の魔法使いになる」といったことだった、と。

    [魔法使いと星祭]
    猫屋敷・みかんの過去とそれに付随する人物の話。
    石動圭という猫屋敷の弟弟子が出てきたけど今度出るときは味方にでもなってるのかな。

  • 猫屋敷さん。プロレスしてますねぇ。ま、楽な生き方するなら魔法使いはやってないですからね。

  • 今月の10冊目。今年の110冊目。

    レンタルマギカ5作目。若干中だるみ感も感じながら、5作目を読み終えました。どちらかと言うとアディリシアさんか。

  • ん~何かやるせない

  • 猫屋敷と朔夜の関係が気になる。社長と猫屋敷の、これからの関係の方がもっと気になる。

  • 借本。
    この巻も短編で、「また?」って感じ。
    業務日誌がちょっと…ね。
    (読み飛ばして後で読めば済む話だけど)

  • 正直、短編ってイマイチ…かも。

  • 短編集。猫屋敷の話が良い。

  • アニメ化された話の巻
    海の話、穂波とアディの出会いの話、星祭りの話。合間にアストラルの業務日誌があります。

全20件中 1 - 10件を表示

レンタルマギカ 魔法使いの宿命! (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レンタルマギカ 魔法使いの宿命! (角川スニーカー文庫)に関連する談話室の質問

レンタルマギカ 魔法使いの宿命! (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする