レンタルマギカ 鬼の祭りと魔法使い (上) (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : pako 
  • 角川書店
3.36
  • (19)
  • (32)
  • (123)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 534
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249120

作品紹介・あらすじ

小学2年生にして"アストラル"神道課の巫女・葛城みかん。彼女が猫屋敷とともに里帰りしたまま消息を絶った。彼女の身を案じたいつきたちは葛城家に向かうが、そこで待ち受けていたのは無数に出現する「鬼」。葛城家はみかんを「人柱」にして鬼に纏わる恐るべき行為に手を染めようとしていた。そして黄昏-山間に陽が落ちるとき、恐るべき「鬼の祭り」が始まる。鬼VS魔法使い。みかんの運命は!?大好評異種魔術格闘戦。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 7冊目。
    初の上下巻。

    みかんの実家や過去に関わる話。

    とりあえず今巻の登場人物を集めたという感じで。
    "祭りは、まだ終わらぬか―"

  • みかんの実家編

  • 借本。

  • 黒羽と影崎の関係がこれからどうなるか、気になっている。いつきのスタイルというか行動パターンが決まって来たな、と。

  • みかんの実家、葛城家の話。

  • 上下巻でお話一区切り。

    みかんちゃん主役に据えてのストーリー展開。
    と、主役のみかんちゃんは後編から出てきました。

    陰陽師『石動圭』は出てきたんだけど、結構絡んでます。

    みかんの『人柱』、みかんの姉の香の言動。
    後半で泣き、Lastで笑いました。
    この2人は姉妹であって双子なのでしょうね…

    ちなみに、表紙を平らに並べます。
    上巻を左、下巻を右。すると一枚のイラストになります。
    こういう上下巻のイラスト作りは好きです…

  • 葛城みかんが猫屋敷連と葛城の家に里帰りする話・・・でおわるはずだったのにいつまでたっても連絡もなく2人とも帰ってこない
    そこからまた事件ははじまります

    けど、これまでのいつきとはちょっとだけ違います
    いい意味にも悪い意味にも

  • 魔法使いたちが活躍するファンタジー

  • 2007.10.11

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【三田誠(さんだ・まこと)】
兵庫県神戸市在住。ファンタジー、ミステリ、ゲーム小説、などなど、ジャンルを越えた活躍を続ける。テレビアニメ化された『レンタルマギカ』、『RPF レッドドラゴン』(原案)などを始め、『Fate/stay night』のスピンオフ小説『ロード・エルメロイ二世の事件簿』、『創神と喪神のマギウス』『クロス×レガリア』『イスカリオテ』『幻人ダンテ』など、著書多数。

「2017年 『ジンカン 宮内庁神祇鑑定人・九鬼隗一郎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レンタルマギカ 鬼の祭りと魔法使い (上) (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三田誠の作品

レンタルマギカ 鬼の祭りと魔法使い (上) (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする