レンタルマギカ―鬼の祭りと魔法使い〈下〉 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : pako 
  • 角川書店
3.44
  • (24)
  • (33)
  • (107)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 526
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249137

作品紹介・あらすじ

いつきの奮闘空しく、葛城みかんは姉とともに"人柱"にされた。鬼と同化を始める姉を前にみかんの絶叫が響き渡り、ついに葛城家の「鬼の祭り」が開始される。次々に襲いかかる鬼どもに、ソロモン王の召喚魔神とケルト魔術の決戦魔法が唸りを上げる。大地は割れ、雷があたりを照らす時、真の敵が姿を見せる。いつき達"アストラル"は「鬼の祭り」とその陰に潜む敵からみかんを救えるのか!?古今東西の魔法が集合、異種魔法格闘戦。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 8冊目で下巻。

    魔法使いには人権なんてないと言いながら、結局はツンデレが多いということで。
    融合魔術ってのは魔法ではよくある展開ではあるけど、今後も出てくるのかな。

    最終的にはみんなが納得できる展開に持っていけたのはすごいな。
    "まつりは、まだ、おわらぬか"って言葉はなんだか祭りを楽しんでる雰囲気を感じてしまって少し笑えてしまった。

  • みかんの実家編

  • 借本。

  • 順番に読んでる訳ではないので、いつきとアディリシアの「前」がいつなのか気になる…。

  • クライマックスの魔術の融合が見所。

  • アニメでやった内容ですが、こっちのほうが細かく、濃いです。
    このオチのほうが納得

  • 2007.10.11

  • かなり上巻とは間を空けてしまってからの読了だったのですが個人的にはかなり楽しめました。

  • 読了。相変わらずの魔術の氾濫っぷりと衒学っぷりがよろしい。オチはいつもどおりのしゃちょー覚醒でありきたりでしたが、
    その後がそれなりに大団円って感じだったのでよしかな

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【三田誠(さんだ・まこと)】
兵庫県神戸市在住。ファンタジー、ミステリ、ゲーム小説、などなど、ジャンルを越えた活躍を続ける。テレビアニメ化された『レンタルマギカ』、『RPF レッドドラゴン』(原案)などを始め、『Fate/stay night』のスピンオフ小説『ロード・エルメロイ二世の事件簿』、『創神と喪神のマギウス』『クロス×レガリア』『イスカリオテ』『幻人ダンテ』など、著書多数。

「2017年 『ジンカン 宮内庁神祇鑑定人・九鬼隗一郎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レンタルマギカ―鬼の祭りと魔法使い〈下〉 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三田誠の作品

レンタルマギカ―鬼の祭りと魔法使い〈下〉 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする