レンタルマギカ―魔法使いのクラスメイト (角川スニーカー文庫)

著者 : 三田誠
制作 : pako 
  • 角川書店 (2006年12月1日発売)
3.37
  • (21)
  • (30)
  • (117)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :508
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249144

作品紹介

水の都ヴェネツィア。情緒あふれるこの地を訪れたのは、もうひとりの「妖精眼」を持つケルト魔術師・フィン。しかしゴンドラ乗りの少女とフィンの夢のようなひとときを1発の銃声が打ち破った。復讐に燃えるフィンは怨嗟の魔法で銃器を構える男達ごと街を火の海に変える。炎が水路を照らす時、フィンの前に立ちはだかったのは密教使いの隻蓮。遠い異国の地でケルト魔術のヤドリギの槍と密教の呪文が激突する。大人気異種魔法格闘戦。

レンタルマギカ―魔法使いのクラスメイト (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9冊目の短編集。
    学校での話が多かったです。

    [魔法使いと神隠し]
    クラスメイトの祖父が神隠しにあって探してほしいという依頼。
    クラスメイトにアストラルのことが知られてしまったけど、問題は特になし。
    やっぱりこのシリーズの魔法は優しいのが多いですね。

    [魔法使いとヤマイ]
    穂波が過労で倒れて、幼児退行する話。
    穂波が可愛かったです。

    [魔法使いと終業式]
    アディリシアと穂波が、伊庭いつきが子供の頃に関わった怪異の話を聞く話。
    内容としてはヤマダといつきが仲良くなったキッカケと言った感じで、
    いつきは昔から変わってないと確認できる内容でした。

    [魔法使いと水の都]
    フィンがヴェネツィアで暴れる話。
    確かにフィンは空っぽなんだな。

  • 約8年ぶりくらいに購入し続きを読みました。しばらくラノベからは離れていたので久しぶりに手をつけてみようかと思い、読むなら途中だったこれだろうと。
    久々に読んで「あーこんな感じだったなー」と懐かしい気持ちになりました。この頃は一般家庭のPC普及率が結構上がってたころだったかな?猫屋敷さんが手書きで原稿を書いている姿を読んだときふとそんなことまで思い出してました。
    一応話が劇的に進むというような本ではなく、中間部分というかクッションといいましょうか、そんな雰囲気を感じた軽い話が多かったです。

  • 借本。

  • ヒロインは良いねぇ

  • 短編集。フィンが再登場なわけだが…一言で言えば外道だな、と(笑) アディと穂波が意外に仲良しだった。穂波ファンには幼児化穂波はおいしいだろうけど…ちょっとやり過ぎな感じもする。

  • 久々のレンタルマギカです。秋からアニメ化で今旬ですねv
    いつき君の声がルル(福山潤さん)、穂波ちゃんが祐巳(植田佳奈さん)ですかvv

    本のほうは新刊時に買ったのに今頃読みました…本を溜めすぎです(´д`;)
    今回も短編集とあってモロ好みの内容。
    しかし読むにつけ思いますがいつき君は関わる女の子ほぼ全員に気に入られるか惚れられる恐るべき女の子キラー…やはり優しくて強くて可愛い子というのは女の子にはたまらないですね。
    その一人穂波ちゃんのお話は甘酸っぱすぎです。本人が人生最大に恥ずかしいのも無理はない(笑)。読んでるほうは楽しくて仕方が無い(幼馴染好きなので穂波ちゃん派ですv)

    例にもれず新キャラ翔子ちゃんもいつき君+穂波ちゃん+アディの「不思議トリオ(?)」としっかり馴染んでましたね。
    そして同じ男を好き同志なアディと穂波ちゃんの好敵手友情もまぶしい(笑)。

    最後のフィン君だけ凄い痛々しい…いつも隻蓮さんは美味しいトコ取りです。

  • 今まで描かれることが少なかった学校生活が中心。

  • アニメ化はこの中の1本目までのようです。
    残り回数が少なかった為でしょう、依頼人の設定が少し違います。
    その後もこの人(達)はよく出てくるんでしょうね。

    書き下ろしで「主人公になりそこねたもうひとりの主人公」フィンの話があります。

  • 4つの短編が入ってます。
    Lastの一つを除いて学校がらみ。
    Lastはフィンのお話で、場所はヴェネツィア。

    『神隠し』では初めて普通の子が出てきます。クラス委員長。
    『ヤマイ』では穂波が可愛い♪『あーちゃんって呼んでくれなきゃ…嫌』は可愛すぎ。
    『終業式』にてアディと穂波が中心。『保険の先生』はいっちゃんの親友のお姉さん。やーっと名前を頂けたようです。
    『水の都』でフィンの話。彼の瞳には何が映って何を印象に残すのでしょう。悲しい人だと思うけど。フィンはシュークリーム好きだなぁ…

    最後は謎を残しつつってカンジです。
    パラパラと読めるので楽しかった。

全13件中 1 - 10件を表示

レンタルマギカ―魔法使いのクラスメイト (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

レンタルマギカ―魔法使いのクラスメイト (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする