レンタルマギカ―魔法使いの記憶 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : pako 
  • 角川書店
3.41
  • (17)
  • (25)
  • (85)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 436
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249182

作品紹介・あらすじ

静かに燃えさかる炎の前、印を結び、呪文を紡ぐ男-その名は猫屋敷蓮。執り行う儀式は最悪の魔術"呪詛"。己の目的のために人を呪う禁忌に手を染めた猫屋敷の前に、"協会"の「魔法使いを罰する魔法使い」が現れる。ふたりの強大なる魔法使いが激突し、交錯する魔術の光が夜の闇を引き裂く!猫屋敷が放つ符に込められたものは、信念か、それとも妄執なのか!?猫屋敷と"あの男"との因縁がついに明かされる、絶好調異種魔法格闘戦。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 13冊目。

    [魔法使いの査定]
    オルトがいつきやみかん・黒羽の授業を行いつつ査定もする話。
    まだオルトが入りたてでみかんから反発されてる感じ。

    [魔法使いの代理授業]
    アストラルのメンバがロンドンで授業を教える話。
    アディリシアなどがいつきと一緒にいるのが気に食わなかったやつとバトルする話。
    これでいつきとアディリシアの絆は更に深まった感じ。
    みかんの授業が一体どんなだったのかが一番気になる。

    [魔法使いの約束]
    いつきの右目が暴走する話。
    その結果穂波との絆も深まる。

    [魔法使いの出会い]
    昔の猫屋敷がアストラルに入社するきっかけになった話。
    影先さんは元アストラルの社員だったのか―。
    でも、猫屋敷さんはアストラル入社前にみかんと出会ったんじゃなかったっけ?

  • 結構飛び飛びで読んでしまっている気がする…。今回は短篇集。
    いろんな魔法や魔術が混ざって、その共通項は血統の重要性くらいかもしれない。でもこの世界はきちんと動いている。ケルト魔法や神道、陰陽道、邪眼、錬金術師、ソロモンの魔法。科学が発達した中でもそれらは輝きを濁らせない。それはある意味で盲目的にそれを信じ守る意志があるからだが、彼らの誇りは損なわれない。
    グラムサイトくらいの大物の代償付きの邪眼をもってしても彼はその純粋な願いの作り上げた魔法使いたちには及ばない。社長という立場が示し用に周りを指揮し常に自分とその周りを救おうと務める。彼はその邪眼以外はいたって普通であるが常に自分の中の正しさをつかみとろうとする。

    この短篇集ではオルトの新しい活躍、それについてのアストラルの戸惑い、変化、成長が書かれた。変化を受け入れることは難しいけどそれを糧に飛躍することにした彼らは次のスッテプへすすめるのだろう。
    最後の猫屋敷と影崎の過去話もとても面白い。猫屋敷は影崎に今どんな勘定を持っているのだろう。対峙したときは歓喜か絶望か。あるいは自分も魔法使いを罰する魔法使いになりその深淵を除いた時の悲劇としてみているのだろうか。はじめの方の巻では特に猫屋敷が影崎を怖がる、触れたくないと思って居るように感じられていたのでかれらの関係性をもうすこし、先代と今代の社長についての話、それに纏わる紗音の話を知りたいと思った。

  • 影崎さんってどういう経緯でどうなったんだろう……?

  • 借本。

  • ブクログに登録してなかったので、前読んだ筈だけどなあと思いつつ再読。
    ツンツン猫屋敷さんかわいいよー!

  • 短編集.影崎の意外な過去が判明.

  • レンタルマギカの何巻だっけ・・・
    結構小説ではスキ。

  • 倫敦編後編。というべきかな?
    新入社員を受け入れにくがっていたみかんも納得できたらしい。

    猫屋敷がアストラルに入社する事になる話もあり。

  • 4つのお話が入ってます。後編2本は書き下ろしですっ!

    『査  定』のお話はオルト君が査定してます。みかんとまなみが四苦八苦。でもいっちゃんも。そしてライター猫屋敷さんも。
    『代理授業』は前回のイギリスでの直後の学院でのお話。いっちゃんはアディの幼馴染とフェーデ。
    『約  束』は穂波のお話。これも舞台はイギリス。いっちゃんの魔眼が『視るな!』といい、フィンもラピスも登場。
    『出 会 い』では猫屋敷さんが学生で、司社長がアストラルを率いてます。これ、すっごい素敵なお話にまとまってます。

    過去の事をなかなか見せてくれない三田氏が、やっと猫屋敷さんを使ってアストラルの過去を描いてくれました!
    他ならぬ猫屋敷さんが主人公の出会いでは色々な意味で驚きです…
    影崎さん、すっごいイメージ違うんですけど?

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

【三田誠(さんだ・まこと)】
兵庫県神戸市在住。ファンタジー、ミステリ、ゲーム小説、などなど、ジャンルを越えた活躍を続ける。テレビアニメ化された『レンタルマギカ』、『RPF レッドドラゴン』(原案)などを始め、『Fate/stay night』のスピンオフ小説『ロード・エルメロイ二世の事件簿』、『創神と喪神のマギウス』『クロス×レガリア』『イスカリオテ』『幻人ダンテ』など、著書多数。

「2017年 『ジンカン 宮内庁神祇鑑定人・九鬼隗一郎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レンタルマギカ―魔法使いの記憶 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レンタルマギカ―魔法使いの記憶 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする