レンタルマギカ ありし日の魔法使い (角川スニーカー文庫)

著者 : 三田誠
制作 : pako 
  • 角川グループパブリッシング (2008年4月1日発売)
3.48
  • (16)
  • (30)
  • (67)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :422
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249199

作品紹介

「魔法を使わない魔法使い」伊庭司は、錬金術師ユーダイクス、魔女ヘイゼルらと魔法使い派遣会社"アストラル"を創設する。そこへ布留部市という地域の調査依頼が舞い込む。だがその地で待ち受けていたのは禁忌の魔法使い達"螺旋なる蛇"だった。その強大な力で隻蓮、ユーダイクスが倒される。絶対絶命の中、司に反目していた猫屋敷は"螺旋なる蛇"に勧誘される。揺れる猫屋敷の出した結論とは!?現代に続く"アストラル"の謎がここに。

レンタルマギカ ありし日の魔法使い (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 14冊目で旧アストラルの過去話。
    アストラル・ゲーティア・オピオン・布留部市の龍の因縁は深かったわけで。
    ロリ穂波はまあ可愛かったけど、いつきが出なかったのが少し残念だけど知った名前がたくさん出てて面白かった。

  • 借本。

  • 過去編。
    シリーズもの。
    ラノベ。

  • 先代アストラルの成り立ちの謎が解き明かされていく…

  • 猫屋敷さんにニヤニヤする巻

  • 過去編。ついに伊庭司登場。アストラルとオピオンとの因縁が判明。面白い。

  • 「ありし日の魔法使い」というタイトル通り、過去のアストラルの話。
    イツキの父、司がバンバン出てきます。
    謎もけっこうこれで解けたり。

    それにしても猫屋敷。真夏でも白の詰襟(学生服)で外出って・・・暑っつぅ

  • レンタルマギカ『過去編』!
    いっちゃんのお父さんがどんな人なのか、ユーダイスクの忠実さ、隻蓮さんの若かりし姿と猫屋敷さんの少年時代、謎の人物柏原氏、ヘイゼルさん…

    この話はユーダイスクが話してくれた内容になっている。
    濃ゆいです。非常に濃ゆい話になってます。
    しかも司氏(いっちゃんのお父さん)の『社長命令だ』は圧巻。
    その行、行間から目が逸らせなくなった。
    最後の方で当時のいっちゃんたちの姿が描かれてます。
    それを考えると、まだまだ余韻があるので描き出して欲しいですね〜。

    穂波の標準語と関西弁。なんの意味があるのか?
    気になります…

  • 2008/04/01
    思っていたよりも良かった。なんと司さんの魅力的なことか、、他のキャラも上手く絡んでしっかりしたストーリーになってて、とても満足。
    アディー派的にはもうちょっと彼女の出番が欲しかった気もするが、話として全く関係ないしね、逆に、なんで今回出てきたんだ?って感じもあるし。ってか主人公に義妹の設定ってあったっけ…???ついつい最初の巻からアディ父編まで一気読みしたくなってしまった。勿論色々と設定を思い出す為(汗

全10件中 1 - 10件を表示

レンタルマギカ ありし日の魔法使い (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レンタルマギカ ありし日の魔法使い (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする