レンタルマギカ 魔法使いの妹 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : pako 
  • 角川グループパブリッシング
3.52
  • (17)
  • (27)
  • (60)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :413
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249205

作品紹介・あらすじ

「兄がいつもお世話になっております!」"アストラル"の平穏を打ち破る来訪者。それはいつきの義妹・伊庭勇花だった。魔法使いの存在を悟られまいとあわてふためくいつきだったが、勇花の口から、魔法使いを貸して欲しいという依頼が-「魔法使いの告白」。巫女装束を着せられ怪しげな会社で働かされているというみかんを救おうとする教師の奮闘を描く「魔法使いと家庭訪問」など、"螺旋なる蛇"との異種魔法対決前夜編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 15冊目で短編集。
    表紙のイライラしてセーラー服を来てるのはもしかしてオルト?
    オルトって男だと認識してるんだけどな。。。

    [魔法使いと家庭訪問]
    みかんの学校の先生がアストラルに家庭訪問してくる話。
    オルトは丸くなったなあ。
    先生はなんだか正しくあろうとする一般人代表っていう感じがしました。

    [魔法使いの告白]
    いつきの妹がアストラルに来る話。
    いつきが伊庭司の血縁じゃなかったというのには驚いた。
    これは1巻で血縁がどうのと言ってた協会側とか他の人は知らないことなのかな。

    [魔法使いの夏休み]
    嵐の前の静けさのように平和な話。
    ただし、アストラルに関わろうとする結社が現れたりするし、
    穂波や猫屋敷がいなくなっても問題がないようになってきてるのが少し気になる。

    [魔法使いと盲目の蛇]
    そしてオピオンもまた暗躍してアストラルに近づこうとしている。

  • 吸血鬼を中心にした話が一番面白かった。

  • 借本。

  • 短編集。
    日常。
    シリーズ15作目だがまだ息切れ感はない。


  • 「〜魔法使いの妹」まで読破。

    うーん……フォントを多用するのにはなれたけど……面白いけど……
    いつきの言葉なんぞで意志の強い魔法使いは懐柔されてしまうものかなあ? 
    と思った。それくらいで揺らぐのはどうなんですか。

    でもいつきの過去が明らかになってます。ええー!

  • 短編集.義妹登場.

  • レンタルマギカの最新刊。妹かわゆすー

  • 魔法使いの日常が覗ける1冊。
    でも、最後の1作「魔法使いと盲目の蛇」がごっついフラグです(悪い意味で)
    これからもイバイツの受難の人生が確定しました。

  • 軽快で読みやすい♪
    この最新刊は今日購入。今から読みます。

全13件中 1 - 10件を表示

レンタルマギカ 魔法使いの妹 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レンタルマギカ 魔法使いの妹 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする