レンタルマギカ 滅びし竜と魔法使い (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : pako 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.77
  • (20)
  • (27)
  • (33)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 376
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249229

作品紹介・あらすじ

修学旅行の最中、いつきは禁忌の対象として協会から追われる身に。しかし皮肉にもそこから救ってくれたのは"螺旋なる蛇"の一員フィンだった。連れ去られたいつきは自分の目で育まれていた『生命の実』について知ることに!それは"螺旋なる蛇"が欲して止まない術式であった-!!一方、必死にいつきの行方を追う、穂波、アディリシア、そしてアストラルのメンバー。大切な場所を守るため、それぞれ厳しい決断を迫られる-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 16冊目の京都編②で第二部終了。

    怒涛の展開で面白かった。
    いつきの武器であり弱点でもあったグラムサイトと主力社員を失って第三部がどうなるのかが非常に気になる。
    あと黒羽はよく影崎の正体に気がついたなと驚いた。

    表紙が微笑ましいだけにラストを見ると少し物悲しくもなるけど、京都を回れたときっていつきは眼帯してないはずだから少し違うのではと思ったり。

  • 借本。

  • 第2部最終。
    今までの流れから集大成のメンツで盛り上がる。
    バトルがいい。

  • 登録するの忘れてた〜

  • バトルがアツい!二転三転する場描写に引き込まれました。第二部完とのことですが、クライマックスへ向けて多くの変化があり、それをどのように三部に昇華させるのか楽しみです。

  • 猫屋敷さん…!
    みんな社長にデレッデレでにやにやする
    仲間の暖かさとかなんかにじんわりきた

  • オピオンとの決戦。アストラルメンバ達はそれぞれ決断を迫られる。

  • 前巻からの続き、京都が舞台の話ですが、シリーズひさしぶりの新刊だったので内容を少し忘れかけてた・・・。
    クライマックスに向け、ストーリーが加速しています。

    いつきは妖精眼の力をほとんど失ってしまう。
    しかしその本質は全く変わらず、全ての魔法使いを平等に扱い、敵側のオピオンの魔法使いでさえ認めようとするその懐の深さは驚嘆ですね。
    いつきは禁書目録の当麻と同じく、一つの特殊能力が凄いことを除いて普段は弱い、という位置づけの主人公。
    そんな主人公は、弱いキャラがたった一つの能力で強者に逆転するカタルシスを演出するとともに、そんな能力を持っていながら、奢らず、どこまでも「普通」であり、信念を突き通しているところにキャラの魅力があると思います。

    アディリシアさんが辛い・・・。若いうちに魔術の高みに到達しているがゆえに、本当に大切なものを気付いていないうちに代償を払ってしまっている・・・。その才能が逆に恨めしい。

    最後、穂波や猫屋敷がアストラルを離れてしまいましたが、次の話がどうなるのかが楽しみです。

  • そろそろクライマックスですね。
    にしても、三田誠は短いシリーズのほうが好きやなぁ。

全13件中 1 - 10件を表示

レンタルマギカ 滅びし竜と魔法使い (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レンタルマギカ 滅びし竜と魔法使い (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする