レンタルマギカ 銀の騎士と魔法使い (角川スニーカー文庫)

  • 370人登録
  • 3.90評価
    • (21)
    • (30)
    • (23)
    • (3)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 三田誠
制作 : pako 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249236

作品紹介

京都でのあの出来事から季節は過ぎ、"アストラル"はいつもの賑やかさを取り戻しつつあった。しかし"アストラル"のメンバーは大きな変化を受け入れざるをえなかった。穂波や猫屋敷、そしてアディリシアまでも"アストラル"から離れていき…。いつきは彼らへ届けたい想いを胸に、右目の力は薄れ、トレードマークでもあった眼帯は無くなったが、自らの力だけで試練に挑んでいく!そして今宵、新たな魔術の夜が幕開く-。

レンタルマギカ 銀の騎士と魔法使い (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 17冊目で第三部開始。
    猫屋敷と穂波が協会にいき、いつきはグラム・サイトを失ってからの話。
    上はわかるんだけど、ゲーティアのアディリシアが離れた理由がよくわからん。
    (命を狙ったりしてバツが悪かったから?)

    今巻はそういった状態のアストラルがどうなってるかという状態説明的な話。

    いつきががむしゃらに働き出したってところが今までとの大きな違いかな?

  • 銀の騎士との決闘

     いつきくんがかなりりりしくなっていますね。

     新しい彼女もいつきが気になってハーレム復活も近い。

  • 第3部1話。
    新メンバーでの新展開。
    核心にせまる話と白熱のバトルがテンポよい。

  • ん年後、外伝期待?

  • じじい好きの私にはたまらない。
    なので、ここまでの引っ張りも含めて一番かも。

    そのうち十字軍ネタもほしいなぁ。
    そういえばブードゥも、中近東もない気がする。

  • 沢山の大切なものを失った主人公が、諦めることなく、立ち向かう!
    主人公が本当の意味で主人公となった巻だと思います。

  • 例によって全巻までのあらすじを覚えてなかった(笑)。
    ここから第3部ということで、主人公パーティーのパワーバランスが変わるなど、結構大きく状況が動いてます。
    読み始めてしばらくすると、前巻までの話もそれなりに思い出してきて、変化を楽しむ余裕ができてきました。

    今回は十字軍の末裔、祓魔式(エクソシズム)の結社との決闘ということで、中盤からバトルの描写が多くなってます。その辺りと、読者にはなかなか見せない、イツキの思惑を少しずつ見せながら話を引っ張ってます。
    ちょっと話づくりが逆算的かなーと後から感じたりもしましたが、読んでる時はイキオイがあるのであんまり気にならなかったです(笑)。

  • またまた気が付いたら、続編が出ていた。
    前作ではかなりやばーい状況だったのだが、今はなんとか尾様ている様子。
    そして、これからは新しいお話の幕開けとのことです。

  • 猫屋敷さんと社長のアレはサービスなのかなんなのか!
    過保護なオルトくん可愛いです(´ω`*)

全20件中 1 - 10件を表示

レンタルマギカ 銀の騎士と魔法使い (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レンタルマギカ 銀の騎士と魔法使い (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする