レンタルマギカ 白の魔法使い (角川スニーカー文庫)

著者 : 三田誠
制作 : pako 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年7月1日発売)
3.83
  • (14)
  • (29)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :340
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249243

作品紹介

魔術決闘の末"銀の騎士団"と友好関係を結ぶことができた"アストラル"。いつきたちはロンドンの地で次なる行動に出る。"協会"の副代表ダリウス・レヴィから、対策結社の権限を得ること。そして、かつて自分の右目で育まれていたあの「紅い種」を元に戻す儀式を行うことだった。しかし"螺旋なる蛇"の"王冠"の座を名乗る少女が現れ、"協会"と激突寸前に!!様々な思惑が重なり合うこの事態にいつきは一石を投じる。

レンタルマギカ 白の魔法使い (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 18冊目。
    いつきの策によって協会とオピオンをぶつけることになる話。

    退屈したというわけではないけど、それだけとも言えるような?

    協会側に行った猫屋敷や穂波はなんとなく完全にアストラルと敵対するのかと思ったけども、そういうわけでもないのですね。

    ついにオピオンのトップが登場したけど、その正体は以外にも純真そうな少女だったということに驚いた。
    ただ、仲間は気遣うのにその他はどうでもいいという感じが少し残念な子という感じで。

    あとは協会のトップが出てきてないぐらいになるのかな?

  • 借本。

  • 舞台はイギリスはロンドン、大英博物館にて展開される。

    いつきの考えが魔法使い全てを驚愕させる。
    『銀の騎士団』との友好関係を築き、『協会』と『オピオン』のフェーデへと持ち込む。
    穂波のお婆さまに相談を持ちかけ、『私は相談に答えただけ』と。
    結果を導き出したのはいつき。
    準備万端の協会。
    それに対抗するオピオンの面々。
    駆け引きをさせたのはいつき。
    うー。
    コレ、上・下巻だよねぇ?
    ソッコーで下巻にあたる次巻を読みます!

  • 協会と蛇が激突。
     蛇には新たなメンバーも登場

     盛り上がりますね。

     絶体絶命からの場面展開など、萌えます。
      決闘にもっていく筋立ては強引な気がしますが、許します。

    さあ、この後の展開は、そして先代はどう絡んでくるのか。

  • 盛り上がりの頂点。
    逆転につぐ逆転の幕開けの中心に
    常に主人公が先頭にたつというのがいい。

  • 大好きです!魔法使い。
    このころから主人公がしたたかに生きはじめてます。

    かれがどのようにして成長してきたかがいままでにかかれているのでその成長と信頼できる仲間によってそれらがどれほどの力になったかが現れた巻だと思っています。

    いよいよ敵も全貌が明らかになり、
    彼の信念を壊さない形での終焉へむかいそうです。
    これまでの道のりとこれからのみちには困難ばかりだけど、それを乗り越えられると信じられるものを備えてきたと思っています。

    科学にまけた魔法。
    自分たちの存在意義。
    狭い世界から広い世界を俯瞰する力。

    魔法や宗教、信仰、伝統、神話、などがすごく緻密に設定されていておもしろいです!!!!

  • ラノベには珍しく、この人は良く勉強している。いいスタッフにも恵まれているようだ。

  • ちゃんとひっぱっただけの楽しみが
    今の布置にはあるのがうれしい。

  • こうきたか~って展開で、とっても楽しめました。

全22件中 1 - 10件を表示

レンタルマギカ 白の魔法使い (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レンタルマギカ 白の魔法使い (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする