レンタルマギカ 魔法使いの妹、再び (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : pako 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.60
  • (7)
  • (30)
  • (28)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :317
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249250

作品紹介・あらすじ

英国での"螺旋なる蛇"との対決の後、これから始まる大魔術決闘を前に"アストラル"へぽっかりと訪れた休息。そんな時、突然嵐はやって来た!いつきの義妹、勇花が再び訪ねて来たのだ!久しぶりの再会を喜ぶのも束の間「ひとつ、お願いしたいことがあって来たんです」という彼女の依頼とは!?一方、"協会"の穂波と猫屋敷、そして"旧アストラル"のメンバーは、来る大魔術決闘に向けて動き出していた-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 19冊目短編集。

    [魔法使いの妹、再び]
    いつきの妹"優花"がまた来日してきてバタバタする話。
    その結果いつきとアディリシアがデートをしたり、爆弾発言があったりと行った感じ。

    [魔法使いの罰]
    魔法使いを罰する魔法使いの仕事をやってる二人の話。
    協会側のトップも出てきて最終段階に進んでいる感じ。

    結局猫屋敷は鏡魔術で誰を見たんだろうか。

    [魔法使いの思い出]
    隻蓮とアディリシアの両親の話。
    考えてみればダフネと隻蓮は一回り以上年齢が違いそうなんですね。

    "ソロモンの魔術を極めるためには最も大切なものを犠牲にしなければならない"という伏線が立ったところで、アディリシアはどうするのかが気になるところ。

    復活したという伊庭司も出てきたことで次の話へ。

  • 借本。

  • 濃いぃ〜!

    いつきの義妹にあたる勇花再び登場で、アディをひっぱり回す。
    そして、アディだけに伝える『伊庭司が帰って来た』と。
    物語は動き出す。

    穂波と猫屋敷が『魔法使いを罰する魔法使い』として合格。
    コレは何かの伏線と思われ。

    時間が、時が戻って、アディの父親オズワルドのお話。
    何故彼が隻蓮と知り合いだったのか。
    どうしてアディの母親は短命だったのか。
    コレはダフネ(アディの腹違いの姉)に乞われて隻蓮が昔話。

    大魔術決闘。
    コレからが怒濤の展開となるんじゃないとか一人わくわく。
    何しろ、勢揃いだからね。
    さー次ぎいってみよう!

  • 中短編集
     妹来襲
     魔法使いを罰する魔法使いをやってる2人とこれからの協会の話
     縦巻きカール父の話かと思えば前社長も登場

    過去の話ではなく、グランフェーデ前の閑話休題

     さて、本題はどうなくのか、そして前社長の動きが気になる。

  • 短編集。
    日常の演出にさりげなく次の展開へ。

  • 読んだことないと思ってたけど再読だった…

  • クライマックスへむけての ちょっとした一息
    でもその中で過去の話があったりだとかで
    結構重要な事がかかれてたりしてる気がする。

  • 久しぶりの短編集。やはりアディリシアがいい。

  • 幕間なれど興味深い話多し

全24件中 1 - 10件を表示

レンタルマギカ 魔法使いの妹、再び (角川スニーカー文庫)のその他の作品

三田誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レンタルマギカ 魔法使いの妹、再び (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする