妄想代理人 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.41
  • (14)
  • (24)
  • (63)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 203
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044250058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【214】

  •  この救いの無さ……読み終えた後、某スティーブン・キングのミスト以上の虚無感が襲ってきましたとさ。久々に精神的にくるものがあった。

     ラストがもう本当にやるせない。

  • 文庫なので薄く小さく、まあ軽いノベライズだろうと思いきや、段々と歯車が狂って行くのに嵌りだして、人によっては最後まで怒涛の勢いで読むかと思います。
    私はアニメの方をまだ見てないのですが、これを読んでどんな雰囲気なのかは掴めたかもしれません。
    日常からそれぞれがおかしくなる様は、どことなく淋しくて、痛快でした。

  • 今敏監督作品をいくつか見ようと決めて
    「東京ゴッドファーザーズ」と「パプリカ」は
    DVDで見まして、おもしろかった!
    「妄想代理人」は気になりつつ
    映像で見るのが怖すぎて本にしました。
    あぁ怖かった…。

    妄想が現実になるとき
    夢が実現する時にうまれる
    今敏監督は「歪み具合」を表現するのが
    本当にうまい人だと思います。

  • 大好きな1冊。

  • 大好きなパラレル系アニメ!

  •  久しぶりに購入した本です。
     テレビでやっていたらしいんですが、無夜は見てないです。チラシを見て興味はあったんですけれど、縁がなかった。
     でも、とっても気になっていたので、単行本になったのを見て衝動買いしました。

     バットでの通り魔事件が頻発する。犯人は金色のローラーブレードを履いて、野球帽を目深に被った少年。
     その、少年というキーワードによって、十九才の大学生は暗い欲望を表面に引き寄せてしまう。
     人を殺すならば、少年法に守られている今だ。
     彼の家庭は裏側では崩壊していた。優等生の妹は麻薬に溺れ、父親は妻(母)を殺害していた。壊れ、崩れている中で、それぞれは妄想を培っていく。


     テレビでも見たかったな。不気味な雰囲気の絵で、よかった。
     小説だけを読めば、救いがないし、よくあるホラー。でも、無夜はこういうのけっこう好きです。

  • 世間を騒がせる通り魔「少年バット」の幻影が、家族の心の奥底に隠された願望を妄想へと変えていく・・・。TV化された戦慄のホラー。

  • まだアニメみてないですが、おもしろうそうなので・・・

  • アニメのノベライズ…っていうか、アニメの外伝的な話しなんだけど、これは一体…とか思う。
    同じ書いてる人で、私は東京ゴッドファザーの方が好きだと思う。

全26件中 1 - 10件を表示

今敏の作品

妄想代理人 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする