GOTH 僕の章 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.69
  • (1164)
  • (1260)
  • (2284)
  • (162)
  • (32)
本棚登録 : 11448
感想 : 865
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044253059

作品紹介・あらすじ

この世には殺す人間と殺される人間がいる。自分は前者だ-そう自覚する少年、「僕」。殺人鬼の足跡を辿り、その心に想像を巡らせる「GOTH」の本性を隠し、教室に潜んでいた「僕」だったが、あるとき級友の森野夜に見抜かれる。「その笑顔の作り方を私にも教えてくれない?」という言葉で。人形のような夜の貌と傷跡の刻まれた手首が「僕」の中の何かを呼び覚ます。彼女の秘密に忍び寄った彼が目撃するのは…。圧倒的存在感を放ちつつ如何なるジャンルにも着地しない乙一の、跳躍点というべき一作。「僕」に焦点した三篇を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夏、「恐怖新聞」というドラマを見ていた時に、エンドロールに乙一さんの名前を見つけました。構成に関わっていたようです。
    なかなか驚きの展開が続くドラマで、うだうだ見始めたのに、気づいたら続きが気になって癖になってた。その構成に乙一さんが関わっていたと知って、すごくワクワクさせられて。

    上巻同様、まさに、構成が素晴らしい作家さん。
    読み始めて、なるほどと繋がったリンクを切られ、さらにまた別のリンクが現れて、展開する。そんな仕掛けが丁寧に施してあり、とことん読み手のことが考え尽くされている。
    最後の章「声」はラストにもってくるのにふさわしい内容で、オチも構成もすごくキレイ。「僕の章」というだけあります。

    あとがきの、こたつを片付けるくだりが好き。彼のエッセイが読んでみたいなぁ。

    • 土瓶さん
      もしも未読でしたら「小生物語」という乙一さんのエッセイ日記?があります。
      自分は、たまたま古本屋で見つけて購入しました。
      脱臼しそうな勢...
      もしも未読でしたら「小生物語」という乙一さんのエッセイ日記?があります。
      自分は、たまたま古本屋で見つけて購入しました。
      脱臼しそうな勢いで肩の力が抜けきります。そして笑えます。
      2021/06/03
    • naonaonao16gさん
      土瓶さん

      こんにちは!
      コメントありがとうございます^^

      乙一さん、実はこの後読んでなくて…
      「小生物語」というエッセイがあるんですね!...
      土瓶さん

      こんにちは!
      コメントありがとうございます^^

      乙一さん、実はこの後読んでなくて…
      「小生物語」というエッセイがあるんですね!
      なんというか…タイトルが、乙一さんらしいですね(笑)

      知らなかった作品知れて嬉しいです!
      読書疲れた時に読んでみます!の、前に探さないとですね…

      ありがとうございます!
      2021/06/03
  • 乙一 著

    『GOTH』下巻 表紙「TH」の部分
              赤い服の女性の写真
    [僕の章]本作品は…
    リストカット事件


    の三部作構成。
    前作よりも探偵小説感が増した気がします。
    そして、不気味さも増している。
    例の2人が登場!下巻だけど、続編という感じでもない。森野さんが少し影を潜めた感が少し残念(・・;) 謎めいていた感覚が何だか消えた気がする。しかし、まんまと土では騙されましたがウ・・ ウン(・_・;)
    「リストカット事件」はそういうことか…ハラハラしましたよ(*_*)
    「土」は最初は、とても根が深い、ゾワゾワする内容だったけど、最後は犯人は可哀想というか、自業自得というか、悲しい話しなんだけど、何か腑に落ちない感覚も拭えなかった。(´-`)あの被害者どういうことなんだか…?ま、オチがあるようでないところが恐怖なのかもしれないけれど…。
    ラストの物語の「声」で、途中「エッ!(・・;)」と思い、その展開は〜?と驚きながら、読んでいて…
    うむ?なぬ?頭が途中こんがらがってしまいましたが…こちらも、ちょっとぉ〜どんでん返しのような騙された感は、やっぱり巧いと言おうかズルいと言おうか…(-。-;
    ただ、自分的には、僕は僕のままでいて欲しかったなぁ〜(僕!という名の下の主人公で貫いてほしかったって気もしましたσ^_^;)
    しかしながら、こちらは、ますます一緒に謎解き
    探偵団になった気分でストーリー展開を楽しめました。
    どちらも『GOTH』面白かったです!
    寝不足になるのは辛い(*´Д`*)
    癖のある登場人物に惹かれますね。

    ところで、これは小説だから客観的に楽しめるんだけれど…、、私自身も霊感って呼びたくもないんですが、妙な気配を察知してしまうところがあって、何か自分でもピリピリ嫌な雰囲気や気分になる瞬間が時々ある。
    知らない人と目を合わすのに怯えてしまう。
    一度見てしまうと全然知らない人なのに覚えてしまうから…。いい人だと、それはとてもいい感じなんだけど…少しタチ悪そう、怖い人だと覚えてたり…相手に覚られることって嫌だし怖いじゃないですか、(−_−;)
    以前、人混み多いセンター街を歩いてて、何気に前を向くと100mくらい離れた人と何故か目が合った!遠過ぎて、見えるワケないのに目が合った瞬間が感じとれた(°_°)(°_°)
    私はメチャクチャ目が悪く、ド近眼ಠ_ಠ
    なんですが、遠くに離れているのに、見ず知らずの向こうにいるその人と目があったのが分かった!(◎_◎;)だから、すぐに俯いて、目を合わせないように、その人とすれ違わないように前を歩いていたんだけど…その人は人混みを押し分けて…ずんずん私の方へ向かってきたのが、下を向いて歩いてるのに感じられて、心臓がバクバク( ̄д ̄;)出来る限り端に端に寄って歩いていたのだけれど、私を目がけてくるようにやって来たその人が私とすれ違いざまに「オレを見てただろ!」と言った‼︎
    私はその人もその言葉も無視して、早足で逃げた!目が合った瞬間、その人を覚り覚られることってありませんか?
    この本を読んでると、幾つかの奇妙な体験を思い出して、少しゾッとしました(>人<;)
    ホント、本の中だけにしてよ〜

    • 土瓶さん
      あおいさん、おはようございま~す(^^)

      昨日はごめんなさいm(_ _)m
      サウナに入ったあとでご飯食べたら、ものすごく眠くなって、その...
      あおいさん、おはようございま~す(^^)

      昨日はごめんなさいm(_ _)m
      サウナに入ったあとでご飯食べたら、ものすごく眠くなって、そのまま寝てしまいました。
      本のタイトルを聞いておいて、すいません(-.-)Zzz・・・・

      さて。
      「暗黒童話」
      著者初の長編、だったかな?
      内容は少々グロいです。
      怖い、というより、グロです。
      特に目玉が……。
      正直いうと、内容はなんとなく程度しか覚えがありません。
      寝不足の中、フェリーで揺られながら読んだ記憶はあるのですが?
      中盤までは少しダルさがあった気がしますが、そこからは一気に行けますね。
      もう一回、寝不足じゃないときに読んでみたいなぁ。
      最後はスッキリ感があったような?
      グロさはともかく、オカルト的な恐怖は、それほどでもなかった気がします。

      「エムブリヲ奇譚」
      旅に出て様々な目に遭う連作短編集ですね。
      これはおもしろかった!!
      良作です。
      ただ…………。
      たしか「地獄」という短編が収録されていると思いますが、それはお勧めできません!
      グロい~┗(-_-;)┛
      全編通して絶望的にグロい。
      乙一さんの作品でも群を抜いてグロいです。
      グロさ爆発です(笑)
      読まれるときは体調を整えてからが良いでしょう。
      何かを食べながら読んではいけません。
      吐き気に襲われる恐れもあります。
      読後は、しばらく食欲がなくなると思われるので、食前に読みのも勧められません。
      もし、どうしてもグロいのが苦手なら、「地獄」だけを飛ばして読んでも全体に影響はありません。
      ただ……可愛らしい印象のあおいさんが、あの作品を読後にどんな感想を持たれるのか、とても興味がありますが。
      と、煽っておきます(^ー^)

      がんばってくださいq(*・ω・*)pファイト!
      2022/08/14
    • aoi-soraさん
      土瓶さん、おはようございます!

      えっと、とりあえず…
      2作品とも“グロ”ですね(((;ꏿ_ꏿ;)))
      どっちから読むか迷うな(+_...
      土瓶さん、おはようございます!

      えっと、とりあえず…
      2作品とも“グロ”ですね(((;ꏿ_ꏿ;)))
      どっちから読むか迷うな(+_+)

      「エムブリヲ奇譚」
      装丁は美しいのに、やっぱりグロ!
      地獄には注意します…φ(..)
      私、お昼ごはん食べながら本読むの好きなんだ。
      気をつけなきゃ!!

      まずは読みかけの本を読み終え、心身ともに整えて、地獄の世界に足を踏み入れますwww
      2022/08/14
    • 松子さん
      地獄の世界に足を踏み入れるっ!∑(゚Д゚)
      あおちゃん、がんばれぇー!
      地獄の世界に足を踏み入れるっ!∑(゚Д゚)
      あおちゃん、がんばれぇー!
      2022/08/14
  • ーー犯罪者を見るのが好き。しかし第三者として留まり関わらないことをルールとしている僕。(前作「夜の章」より) ーー
    ーー人間には殺す側と殺される側がいる。僕は殺す側ーー
    遭遇する猟奇的な事件に、第三者どころかとうとう関わっている!?
    「僕」が森野を守るのは「愛情」ではなく、「執着」からなのだとか。その理由を考えると恐ろしい。

    グロテスクな描写には目を背けたくなるが、乙一さんが描く異様と思える犯罪者の姿や心理描写、またトリックを使った手法が見事だなと思った。好きかも。
    3回も読んでしまった。それぞれの章に出てくる「僕」はみな同じ人?、「僕」と「少年」は同一人物なのか?、森野と歩いていた男子は「僕」ではなくて?、他には犬や妹は前作に登場した彼ら?…など疑問がわき、今でもすっきりはしないが最初に納得した通りのシンプルな読み方でいいのかなと。

    ブク友さんが乙一小説を読むと奇妙な体験を思い出すとレビューしていたが、分かる気がする。
    私は高校時代の不気味なクラスメイトを思い出す。
    隣の席の男子が技術の授業で使う大工道具を常に机の中に隠し持ち、いつでも攻撃態勢がとれるようにしていた。私が見たのは"かんな"。クラスが少し騒がしくなったりすると机の中に手を入れ、かんなをわなわなと震わせながら握りしめ、「ぶっ○してやる!」とかブツブツ言っていた(-_-;) 隣の私以外誰も気づいていないようだった。それを何度も目撃した私も今思えば第三者みたいだ…怖っっ!

    • なおなおさん
      くまさん、お気遣いいただき、ありがとうございます。
      全然気にしないでください。
      乙一小説を読むまで忘れていたことです^^;
      まだまだ乙一小説...
      くまさん、お気遣いいただき、ありがとうございます。
      全然気にしないでください。
      乙一小説を読むまで忘れていたことです^^;
      まだまだ乙一小説を読みますし^^;
      怖すぎましたか…本当にごめんなさい(_ _;)

      毎木曜日のブックリストを楽しみにしている私です。
      そして今週候補者だったのですか!?やったー!でも外すと(受賞を逃した感じ^^;)。
      残念ですが仕方がないです…強烈な内容ですもんね(T_T)
      2022/09/20
    • hiromida2さん
      なおなおさん、こんばんは。
      怖しい体験をされたんですね(-.-;)
      怖すぎます!小説の中だと想像上の出来事として
      回避出来るけど…現実の中で...
      なおなおさん、こんばんは。
      怖しい体験をされたんですね(-.-;)
      怖すぎます!小説の中だと想像上の出来事として
      回避出来るけど…現実の中での出来事だと
      呪われたように、なかなか払拭できないですよね〜
      特に物に宿る凶器は狂気です(" ̄д ̄)
      どうか、今後は なおなおさんが怖しい事態に
      遭遇しませんように…m(._.)m
      何故か、乙一小説を読むと怖い記憶がよみがえってくる
      それでも、別物として意外と冷静に乙一世界を
      楽しめるから不思議ですよね(´⊙ω⊙`)
      なおなおさんの体験レビュー読んで、
      奇妙な体験は私だけじゃなかった!と安心出来る
      代物でもなかったですΣ(゚д゚lll)
      もう一度言います。小説の中だけにしてよ〜
      ねっ!
      2022/10/18
    • なおなおさん
      hiromida2さん、こんばんは。
      コメントをありがとうございます。

      レビューにあげたブク友さんとは、hiromida2さんのことでーー...
      hiromida2さん、こんばんは。
      コメントをありがとうございます。

      レビューにあげたブク友さんとは、hiromida2さんのことでーーす^^;
      奇妙な、というか怖い思いをされましたね。
      読んでいて、「でもそう言うあなたもアタシを見てましたよね!?」って相手に返したくなりました。
      それもおっかなくてなかなか言えることではないのかな(-_-;)

      この本とhiromida2さんのレビューを読んで、私も周りにもおっかない人がいたもんだと、思い出しました。
      隣の男子の凶器は、どうするんだろうって冷静に見ている私もいました。今思えばそんな自分もおっかない一人かなと思い、「(私も"僕"みたいに)第三者みたいだ」と書いた次第です。怖っ!(^ー^;)
      おっしゃる通り、乙一小説は怖い体験を思い出しつつ、楽しめますよね。不思議です。
      これからも読みますよ〜^^;
      私も言いたい!小説の中だけにしてちょうだい!って(笑)
      2022/10/18
  • R3.10.27 読了。

     前作同様に猟奇的事件に驚かせながらも次の展開が気になり、一気読みしてしまった。リストカット事件は生きている状態で手首部分で手を切られてしまう描写に背筋がゾワゾワして気持ち悪かった。
     「土」では、犯人の正義と悪の衝動の心の葛藤が描かれていて、殺人を犯すと一生消えない負い目を背負って苦しんで生きていかないといけないんだなあと改めて考えさせられました。
     「声」では『僕』の名前が明かされました。しかし、一人称の『僕』や『俺』が誰を指しているのか少しわかりにくかった。ところどころに張られた伏線や衝撃の結末につながる部分に関わることだから、しょうがないんでしょうけど・・・・。
    姉を殺された夏海さんに残されたテープの内容は、乙一さんらしい優しい演出ですね。読んでいる私も少し救われて気持ちになりました。
     ここまで来たらGOTH番外編も読むぞ。

  • GOTH 夜の章から続く連作3話短編集。
    各章、どんでん返しにしてやられた。

  • 本書を読み始めて12ページ目の感想。
    『こんな性癖もってたら大変だなぁ』
    さらに読み進めての感想。
    『これ読み終えられるかなぁ…残酷すぎる…』
    そう思っていたのに、気がつくとページをめくる手が止まらず『夜の章』と『僕の章』を一気読みだった。

    文章全体に哀音が漂っているのにどこか美しい。
    星3.5個(^^)

  • 乙一さんのGOTH、2冊目。

    僕の章には前作同様に、3つの話が入っています。

    「リストカット事件」
    「土」
    「声」

    夜の章よりもこちらの方が、ミステリっぽい気がします。
    そして、厨二臭も強めな気がします。

    やっぱり面白い。

    続けて番外編を読んでいきます。

  • 殺す側の人間が身近にいませんように。

    「声」で僕をそっち側で描くのかー。うーん。その描き方は楽しめないなー。僕も森野さんもギリギリ不快に思わない描き方が良かったのに。と、思っていたら、、、僕じゃなかった!

    そうそう。その殺人は嫌な感じしないけど、(麻痺してます)「声」の犯人は不快極まりないのです。
    僕の名前が****だったのを最後に上手く騙されてよかった!

  • リストカット事件。
    タイトルからしてセンセーショナルだ。
    (作られたストーリーならって話ね(笑))

    3編の全てが、とても面白かった。
    土も声も、とても印象的でした。

    ミステリーを好きになるきっかけと言っても
    過言ではないかも!

  • 3篇ともサラッと残酷で…良かった?笑 それにしても「僕」って…もう一回読み直したくなりました。

全865件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1996年、『夏と花火と私の死体』で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞しデビュー。2002年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞を受賞。他著に『失はれる物語』など。

「2022年 『さよならに反する現象』 で使われていた紹介文から引用しています。」

乙一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×