アウトニア王国再興録〈2〉でたまか 天地鳴動篇 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : Chiyoko 
  • 角川書店
3.43
  • (4)
  • (8)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044257057

作品紹介・あらすじ

メイの瞳から涙がこぼれた。マイドに招き入れられたヴァーチャル空間には、永遠に喪われたアウトニア王国の景色が再現されていたのだ。王国滅亡から2年、懸命に涙をこらえてきたメイを胸に抱きしめ、無敵艦隊提督マイドは、ある計画をスタートさせる。それは、銀河帝国を敵にまわしての絶対不利の闘い。しかも、そのゆくてには皇帝アリクレストの罠が待ち受けていたのだ…!灼熱の痛快ポップビート・スペースオペラ快進撃。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 持ち味が出てきたきがする
    義のために!死ねるのか!
    というのは、わかんないなあと思う
    いかに戦争にならないようにするかが外交であり、元首のすることだよねと再認識
    皇帝はすこし賢くなってしまったのが気がかり。

  • 久々のでたまか。
    シャッフル読みなので(殴)、大きく遡って第2部2巻。
    マイドとメイが一緒にいるのを見られた貴重な巻でした。
    しかし、それ以上に貴重かもしれないのが、メイと兄チャマーさんが一緒にいる風景。
    ヴァーチャル世界の中とはいえ、兄妹とマイド、そしてエリスさんが揃うシーンはなかなかにホロリ。
    しかし前から思っていましたが、マイドさんチャマーさんには厳しいね。
    こっそりヤキモチか(アフォ)?あるかも…。
    エリスさんの微笑ましさも良かった。思いのほか女の子らしい人でナイスです。

    指名手配中の彼が「ネオ・アウトニア」に戻るため、何と荷物として「送りつけられる」んですが、主人公が宇宙を宅配便で運ばれる、何て素敵な展開なんでしょう。
    まさにでたまか…ちなみにマンガくさく本人のまんま箱詰めでなく、一種の冷凍保存をされるんですが、その彼を「解凍」するとき、彼を「レンジでチン」するのかとうろたえるメイが可愛い!
    レンジでチンされる主人公…惜しかった(大笑)。

    何気にコットンちゃんが「漢前」を発揮もします。
    結構コットン&ケルプはコットンちゃん押し!な感じがいい!
    この巻のあと、このシリーズで1番最初に読んだ「天下大乱篇」に繋がるんですね。

  • マイドが出ないんで、エリス様。諦めたさ…。

  • 主人公英雄確定。やはりスペースオペラという作品は難しいのだなと思った。某銀河と比べられるのは必須。それでもこのジャンルは数少ないので、もっと盛り上げて欲しい。

  • メイの瞳から涙がこぼれた。マイドに招き入れられたヴァーチャル空間には、永遠に喪われたアウトニア王国の景色が再現されていたのだ。王国滅亡から2年、懸命に涙をこらえてきたメイを胸に抱きしめ、無敵艦隊提督マイドは、ある計画をスタートさせる。それは、銀河帝国を敵にまわしての絶対不利の闘い。しかも、そのゆくてには皇帝アリクレストの罠が待ち受けていたのだ…!灼熱の痛快ポップビート・スペースオペラ快進撃。

全5件中 1 - 5件を表示

アウトニア王国再興録〈2〉でたまか 天地鳴動篇 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

鷹見一幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする