アウトニア王国拾遺録 でたまか―青雲立志篇 (角川スニーカー文庫)

著者 : 鷹見一幸
制作 : chiyoko 
  • 角川書店 (2003年12月発売)
3.46
  • (4)
  • (6)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :76
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044257101

作品紹介

実践戦闘試験をパーフェクトの成績で終了したマイド率いる帝国士官学校でたまか分隊。ところがその直後、彼らのいる衛星にトラブル発生。酸素残量から、救助がくるまでに生き残れるのはたった1人となる。だれが生き残り、だれが死なねばならないか…マイドの下す決断とは!?そののち宇宙の命運を握る"無敵艦隊提督マイド"の少年の日のエピソードのほか5編をふくむ「でたまか」サイドストーリーシリーズ"拾遺録"ここに登場。

アウトニア王国拾遺録 でたまか―青雲立志篇 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平和だった頃のお話がたくさん~
    なんて酷い訓練だ、と思うけど、素敵さは計り知れない
    真剣に命について考える機会は士官にとっては必須項目なんだろうと思う

  • あぁぁもうでたまか大好きだーー!!
    今回のは短編集です。マイドの学生時代、1部(3巻まで)と2部の間のお話、メイとのデート(笑)のお話、整備士ティーとユーのお話、メイの子供時代のお話の5つなんですが、ど、どれも最高でした。
    特に1話、4話では泣きそうになり、3話では大笑いしました。特に3と4は大好き。
    今までの「でたまか(てまだ3冊目だけど)でも1番だったかも。
    短編集ってお話が凝縮されてて元々好きなんですよね。
    面白すぎるので詳しく書かないですが、「自分の価値は自分で決める」は名セリフです。本当の意味を理解して聞かないとですけどね。

    しかしメイのお料理の腕には笑います。

  • 完結済み。全16巻かな?スペオペ、と言うと何か違う感じがするけど、舞台は宇宙。なんというか昨今のアニメやコミックスにはなかなか無い、青春というか何と言うか…!1巻に一度は泣かされてしまった。感動して。★6つ!

  • 実践戦闘試験をパーフェクトの成績で終了したマイド率いる帝国士官学校でたまか分隊。ところがその直後、彼らのいる衛星にトラブル発生。酸素残量から、救助がくるまでに生き残れるのはたった1人となる。だれが生き残り、だれが死なねばならないか…マイドの下す決断とは!?そののち宇宙の命運を握る"無敵艦隊提督マイド"の少年の日のエピソードのほか5編をふくむ「でたまか」サイドストーリーシリーズ"拾遺録"ここに登場。

全4件中 1 - 4件を表示

アウトニア王国拾遺録 でたまか―青雲立志篇 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

鷹見一幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アウトニア王国拾遺録 でたまか―青雲立志篇 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする