銀星みつあみ航海記〈LOG.00〉俺らが出帆した動機 (角川スニーカー文庫)

著者 : 鷹見一幸
制作 : 緒方 剛志 
  • 角川書店 (2007年2月発売)
3.35
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044257200

作品紹介

機動戦闘艇の撃墜王コンビとして名を馳せ、地獄の戦場から帰還したハヤトとハインツ。そんな彼らも、戦争が終わればただのプー、バイトもクビ続き。しかし、その手にあった唯一の命綱-僚友から託された宝くじが、1等22億クレジに大当たり!やったぜっ!!…と飛び上がったのもつかの間、引き換え期限は1時間後、だって!?全篇に鷹見流ジェットコースター的展開をちりばめた、オールドファッション・スペースオペラ。

銀星みつあみ航海記〈LOG.00〉俺らが出帆した動機 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 銀星みつあみ、始まりの巻。
    シャッフル読みでなくて、発売順なのです。でも物語としてはこちらがLOG.1より前。
    LOG.1で語られていた22億クレジを手に入れるいきさつ(笑)や、銀星号を手に入れるまで、そしてリアンが仲間入りするまでの色々が解ります。

    「でたまか」にも共通してましたが悪役がわかりやすいという水戸黄門風味。
    今回はでたまかのマイドのような「イイ性格の凄い人」はいないのででたまかと同じ「でたとこまかせ」には違いなくてももっと力押しです(笑)。
    イイ性格だけどやや凄いハインツのズルい頭と、本気で「力押し」なリアンと、何だかんだで真っ正直が武器のハヤト。
    皆凄いといえば凄いんですが、安心感とは程遠いので前以上にハラハラできます。

    どうにもですます会話がメイと重なって仕方なかったリアンちゃん、今作での訛りっぷりに大喜びしました。
    コテコテの田舎訛りヒロイン、てなかなかいないんでないでしょうか。
    あとこの巻は雑誌「ザ・スニーカー」に連載されていましたがその時気になって仕方なかった一文
    「そうだ、その豆腐だ」の謎が解けて嬉しかった(大笑)。

    今回は順番としてはやはり時系列順の「LOG.0→LOG.1」が読み順として良いかなぁと思います。

  • ザ・スニーカーで連載を読んで面白かったので買ってみました。買ってから気づいたのだけれど、LOG.0なのにLOG.1の方が先に出版されたんですね。話としてはこちらの方が先ですが。「航海記」ですが、航海してないです。LOG.1までの道のりなのでしょう。

  • スニーカーで連載中の同名小説の前日談、彼らが宇宙船で商売を始めるまでのお話です。良くも悪くも鷹見節=知恵と勇気で勝ち残れ! は好調ですが、…ちと上手く行きすぎるように感じるのは気のせいだろーか(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

銀星みつあみ航海記〈LOG.00〉俺らが出帆した動機 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

鷹見一幸の作品

銀星みつあみ航海記〈LOG.00〉俺らが出帆した動機 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする