銀星みつあみ航海記〈LOG.02〉俺らが運ぶべき希望 (角川スニーカー文庫)

著者 : 鷹見一幸
制作 : 緒方 剛志 
  • 角川書店 (2007年11月1日発売)
3.47
  • (1)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044257217

作品紹介

宝くじで当たった大金で宇宙船・銀星号を購入し、運送業を始めたハヤト&ハインツ。超危険な依頼を完遂し、一躍全銀河の英雄になった彼らに「領民を救って欲しい」という通信が入る。ある惑星が宇宙海賊に物資の流通を封鎖され、飢餓状態にあるというのだが、貨物船である銀星号に海賊の撃退など不可能。それでも他人の苦境を放っておけないハヤトは、この依頼を受けてしまう。またしても死地に飛び込む銀星号、このピンチをどう乗り切る…。

銀星みつあみ航海記〈LOG.02〉俺らが運ぶべき希望 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 銀星みつあみ2巻(通巻3巻目)です。
    結構鷹見先生の作品はある種時代劇風味というか、完全懲悪正義の味方、な感覚で安心して読めますね。
    今回はまたしてもマルス家(でたまかのアリクレストの先祖)が悪役で、少々マンネリを感じないでもなかったですが…
    もう一つ「体面主義の上司+現実的な部下」ていうのも多いですが、こっちは現実を皮肉った確信犯ですねきっと;;

    時代劇風味といえば、水戸黄門の由美かおるさんのお風呂シ~ンよろしく、毎回リアンちゃんの怪力披露シーンがあるのが自分的に美味しいですv
    本人は気にしているようですが、この子は怪力や思い切りの良さが見えるときのほうが女の子らしく見えますね自分的に。
    ハヤトはそこのところ凄く解る奴だと思います。お互い早くも恋の予感の予感ですが、マイドとメイのようにラヴラヴになるには少し残り巻数が痛そうです;
    何でも次のLOG.03で打ち止めとのコトで(T_T)
    ギリギリ「でたまか」とのリンクの匂いはするようですが、残念。

    あと今回1番良かったのは、食糧難を乗り越えるため命がけが頑張ったウーフ君たちが、「報われない」ところですね。
    その場で報われるほど甘くはないかもしれない、でもその経験がどこかで活きるかもしれない、それが人生。
    ココを甘くすませなかったのが凄く嬉しかったです。
    それでも少なくとも彼を良く知っているチャニちゃんがちゃんと評価してくれる、そして彼に行動力を起こさせたのは彼女の今までの行動の結果。
    泣けます…

  • 体調が良くなくて読み終わるのに時間がかかってしまった。あまり間をあけながらて読むと感想もない。

  • 相変わらず面白かった。今回も2ヶ月連続刊行らしいので、来月も楽しみ。

全4件中 1 - 4件を表示

銀星みつあみ航海記〈LOG.02〉俺らが運ぶべき希望 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

鷹見一幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

銀星みつあみ航海記〈LOG.02〉俺らが運ぶべき希望 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする