会長の切り札 逆転プランの用意あり! (角川スニーカー文庫)

著者 : 鷹見一幸
制作 : KeG 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年11月28日発売)
3.52
  • (3)
  • (8)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :79
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044257262

作品紹介

高校対決のラストゲーム、商店街を使用した実物モノポリーがついにスタート!樫森高校の真行寺と桜川女子の華之宮は命運を託してサイコロを振り、両校の精鋭メンバーが激突する!白熱する一進一退の攻防が繰り広げられるなか、光明は確信の笑みを浮かべていた。それは、三校の統廃合問題を解決する最後の大仕掛けの成功が見えはじめたからだった-。母校存続を願い、奮闘する高校生たちを描いた現代版国盗絵巻、ここに終幕-。

会長の切り札 逆転プランの用意あり! (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミニゲームが入るごとにいちいち説明くさくなるのが残念。シリーズを通して説明臭かったけど、3、4巻は特に多かった。物件が空白ばかりのモノポリーって言うのもどうなんだろうか。ずいぶんと大味な決着になってしまっていた。投げっぱなしのラブコメ要素とか必要だったのか。わざわざ二巻かけなくても良かったのでは?

  • 引っ張った割りには、最後は妥当な所に着地。
     現実的ではあるが、話としてはコジンマリしてしまいました。

     ゲームの結果も、もう少し広げて盛り上げた方がよかった。
      ゲームの結果より、その後の話がしたかったのかな。

     鷹見さんの話は、偶にキャラがぶれる気がする。作者の意見が前面に出すぎです。嫌いではないが、鼻についてしまいますね。

  • 樫森高校と桜川女子校のモノポリー対決もさながら、理想の文化祭のように盛り上がるだけ盛り上がって他を巻き込み希望をもたせるのがすごい。変にひねったオタクキャラや萌えキャラはおらず、本当にありそうだ、あったら楽しいと思わせる。こんな楽しい高校ならかよってみたい!と高校卒業してかなり経つのに思った。副会長は会長の切り札なのね♪

  • 9784044257262  287p 2009・12・1 初版
    △きれいに終わったが、やはり最後をもっと引っぱってほしかったな。
    個人的には麻衣ちゃんと本俵のカップルのその後があれば良かったかな。

  • 会長の切り札最終巻。
    うん、このシリーズは面白かった!
    特に3、4巻面白かったですね。
    本編でも近いニュアンスのことが言われてますが、TV番組なども
    既存のタレントさんの予定調和なものより、一般人さんの
    突拍子もない言動のほうがはるかに面白いって感じること
    多いです。
    関西ではこのスタイルの「探偵!ナイトスクープ」が20年以上の
    長寿・人気番組になっています。
    ま、現実がこのスタイルから逃げるのは、一般人を巻き込んだ場合の
    責任問題関係から逃げてるのもあるんでしょうが…

    あと、生徒達がバラエティに富んでるのがいい。
    ぶっちゃけ、メインの楢山高校メンバーより、桜川女子と樫森の面子のほうが
    面白かった気がする。
    主人公・光明たち影が薄かったぞ…

    しかし、星は-1しようか迷いました。
    毎回文句言ってますが、どうしてこの作者様は主張を毎回
    言葉で出さないと気がすまないんでしょう。
    何か、読者を信用してない感じでこれだけ邪魔でした。
    言葉に出さなくても伝わるほうが遥かに良いのに。
    ま、ヒーローの決めセリフ的に考えて、わざとムリヤリでも出すようにしてるのかもですが。
    ともかく、この先生の作品は好きなのが多いのですが、先生自体は
    苦手だったりします。
    そこがイコールにならないのが面白いところではあります。

  • 完結。最後まで地味だったが、良くまとまっていた。

全7件中 1 - 7件を表示

会長の切り札 逆転プランの用意あり! (角川スニーカー文庫)のその他の作品

鷹見一幸の作品

会長の切り札 逆転プランの用意あり! (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする