地球の切り札 (3)地球の未来は任されました。 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : KeG 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.33
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044257293

作品紹介・あらすじ

細香の強力な力をコントロールすることで、何度となく地球を守ってきた健吾たち。しかし、地球に目をつけた宇宙通商連合が、その力を逆手にとって危険性を訴え、地球を我が物にしようと裏工作を始めたのだ!全宇宙が見守る中、地球か細香のどちらをとるか選択を迫られた健吾は、一世一代の決断を下す!未来を守るため、健吾が思いついたのは、世界中に潜むあの廃人たちの協力を得ることだった!ドタバタ地球防衛、クライマックス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなりラノベらしさがすごいシリーズだった
    負け戦に挑むとこはいつもの通り楽しい

  • 最終巻。ネットゲーマを戦争に巻き込むという大胆な設定。

  • 地球の切り札最終巻。
    うーん、このシリーズでは一番つまらない、というか
    読みにくかったなぁ。

    大好きだったシリーズ「でたまか」でも何回か感じましたが、
    この先生は狭い範囲での「かけひき」は凄く面白くてツボなんですが、
    広い範囲の話になるとダラダラ読みにくいというかなんですね。

    今回は、後半はゲーム感覚の戦争(ほんとにそういう設定)なので、
    ひたすらゲームのプレイを読んだだけのような印象。
    最後のオチも、打ち切りで無理やりまとめたのかな、な感じでした。

    ただ、中盤に主人公・最上君が彼の「中二病」を発揮したのは
    この設定が活かされてて良かったです(笑)

  • 鷹見一幸だなぁ
    宇宙戦争もノリもてんかいも

全4件中 1 - 4件を表示

地球の切り札 (3)地球の未来は任されました。 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

鷹見一幸の作品

ツイートする