戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス (角川スニーカー文庫)

著者 : 林トモアキ
制作 : 上田 夢人 
  • 角川書店 (2006年10月31日発売)
3.73
  • (29)
  • (29)
  • (54)
  • (0)
  • (2)
  • 本棚登録 :312
  • レビュー :27
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044266110

作品紹介

無職で貧乏、宅配便の受取さえ緊張する対人恐怖症のヒデオ。ひきこもっていた彼は電子精霊のウィル子に焚きつけられ、究極の武闘大会「聖魔杯」に挑む。優勝すれば世界が手に入るこの大会に武闘家、軍人などの格闘スペシャリストと、吸血鬼をはじめとする魔人あわせて3,024人が集結。人生の一発逆転を賭け、ヒデオは風吹きすさぶ戦闘城塞に降り立つ。「負け犬、返上!」無差別級バトルロイヤル、ここに開幕。

戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中二心のときめくいい感じの主人公!
    リップルラップル相変わらずかわゆい。

  • ハイテンポで進んでいくストーリー、ブラフだけで乗り切る腹の座った主人公
    多少小ネタに時代を感じるものの、今読んでも十分すぎるほどに面白い作品だと思います

  • 聖魔杯という人間と人間以外のペアで戦う大会にウィルスとペアで参加したヒキコモリの話。
    なかなかテンポよく話が進んでいって、面白い。

    今のところ、全部まぐれで勝ってるけど、今後はどうなるやら。次巻も期待。

  • 第1巻。引きこもりのヒデオは拾ったパソコンについてたウイルスのウィルコと、聖魔杯という何でもありな大会に出場することに。

    人間と人間外のペアで、参加者の頂点を目指す話。基本何でもありだけど、相手を殺したら負け。

    ヒデオは何も持たないけど、その目つきの悪さと運(行き当たりばったりともいう)で勝って行く。

    皆勝手に主人公を見てひびるけど、ただ目つき悪いだけっていう。

    オリガミシリーズの続編なのかな。なんか見たことあるキャラいるけど、1巻ちらりしか見てないんでわからない。
    単品で楽しく読めます!

  • ギャグ寄り。

  • カイジ+エンジェル伝説みたいな。

    正直そんなに期待してなかったんだけどテンポよく読ませてなかなかに面白かったです。

  • 行き成りのタッグ結成し、バトル突入!!
     調子いいですね。

     謎の多い大会と謎の多いウイル子ですが、これからいろいろと明らかになって行くのでしょう。

     おりがみの続編か、おりがみを先に読むか?

  • Vol.1負け犬にウィルス.

    無職で貧乏で引きこもり,
    宅配便の受け取りにさえ緊張してしまう対人恐怖症のヒデオ.
    ある日,自殺を考えながら歩いているとノートパソコンを拾う.
    そこから出てきた電子の精霊に唆されて
    優勝すれば世界が手に入るという大会「聖魔杯」に参加することに.
    参加者は武道家,軍人などの格闘スペシャリスト,
    吸血鬼をはじめとする人外たち合わせて3024人.
    そんな人外魔境で,
    対人恐怖症,引きこもり,無職,所持金14円のヒデオは
    どう戦うことになるのか.
    そして勝ち残ることができるのだろうか.

    というわけで,
    人を何人も殺してそうな鋭い眼光(自前)と
    口数が少なく(引きこもりと対人恐怖症で会話の仕方が良く分かってない),
    人を寄せ付けない雰囲気(引きこもりと以下略)で
    勘違いしてライバル視されたりなんだり….
    バトルロイヤルなのかギャグなのか….
    面白かったよ!

  • 変わらないノリが嬉しい「お・り・が・み」シリーズの続編的なシリーズ。「お・り・が・み」を読んでなくても楽しめるけど、シリーズの登場人物が何人も出てくるので、「お・り・が・み」の復習は必須。無職引きこもり目付き最悪な二十歳のビデオが、ウイルスのウィル子と一緒に聖魔杯の優勝を目指す。実は再読。エルシオンの妹のエルシアがいたり、ドクターが相変わらずドリル好きでいたりと、「お・り・が・み」との繋がりを楽しめる。
    ヒデオの一人称が驚くほどしっくりくる。引きこもりが社会的問題になった時期、ありましたね~。無口で、若さ故に絶望して死へ向かおうとし、策略を考えることもできる。いいキャラしてます。これは一気読みしたい。文章もこなれてきて、読みやすいです。
    それにしても、絵師に恵まれてるなぁ。バストアップの一枚絵でなく、表情豊かで俯瞰など空間的動きもあり、何よりヒデオの目付きの悪さが表れているのが実力を示している。絵師を選んだ編集さん、偉い。

  • 世界観はなんでもありの大雑把。前作で語られてるのかも

    バトル大会事態おふざけ感が漂ってるので、真面目にやる方が恥ずかしいといった雰囲気だが皆本気。ギャグなので冷静に読む読み方が間違ってるが

    主人公のヒデオはすれてなく面白いが、能力的には無能
    そのヒデオが凄いといった微妙な勘違いを楽しむ作品。今後の展開次第

全27件中 1 - 10件を表示

戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス (角川スニーカー文庫)のその他の作品

林トモアキの作品

戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス (角川スニーカー文庫)に関連する談話室の質問

戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする